FC2ブログ

面白い本だった。「日経平均4000円時代が来る」

朝刊
03 /02 2009
 いやぁ「日経平均4000円時代が来る」を読み終わったけど、これ面白いわ。僕の考えを補足しつつさらに先を行っていて、ここで書こうとしてたことも書かれてて。なんというかこれが4年前のライブドア対フジテレビの時に書かれていたとは。やっぱりアメリカ仕込みのファンドマネージャーは違うなぁ。とはいえまさかライブドアの後ろ盾だったリーマンブラザーズが潰れるとは思わなかっただろうね。
 まあこの本からわかることはやはり不均衡は是正されていくと言うこと。んで日本は特に官僚が主導で不均衡を継続維持に励んでいること。今ではどこもかしこも不均衡になってるからね。ゼロ金利とか金利下げないといけないのに下げないユーロとか、変動相場制にしない元とか。
 なんかもう経済の先行きって難しいなぁ。太陽電池と電車とニコ動くらいかなぁ、成長期待出来るの。あとこの不況で日本の中間層はなくなって、2割の富裕層と8割の貧困層に分かれるとする。そうなった場合、この2割の富裕層になる人というのは一体何に投資してる人だろう。間違いなくサラリーマンでは無いことはわかってるけど。テレビ局の社員も中間層の上位から、一気に8割の貧困層に落とされるだろうなぁ。2割の富裕層というのは、8割の貧困層に定番商品を作る会社や2割の富裕層に評判の商品を作れる会社かな。あとは独自の技術で他の会社や国では作れないものを持ってる会社。うーん、なんだろうな…。とりあえず今は倒産しない会社に投資してれば報われるとは思うけど、成長する会社ってなると本当に難しい。ただもしも中国の会社と言われると結構出てきそうな気がするところが、感覚的に中国に期待してるのかもねぇ。まあ資産守りたければ金と言いたいところだけど、高いからプラチナがいいかなぁ。プラチナもレアメタルだから安くてもインフレには強いからね。

不況でも花粉症対策費は捻出 小林製薬アンケート調査
 花粉症対策費なんて出さないわけにはいかないだろ。個人的はマスクだけだけど、もう花粉は公害だっての。

京セラが太陽電池戦略 生産体制の拡充に乗り出す
 企業が太陽電池への投資を緩めるどころか強気なところを見ると間違いない産業だけど、勝ち企業はどこかと言われると難しい時代になるだろうね。はっきり言って怖いのは中国のサンテックパワーが個人的に来そうな気がする。

太陽電池セルを印刷機で、豪で試験生産
 太陽電池の技術は一体どこへ行くのか、まだ誰にも先が見えない。こんな技術の試験も始まってるし。

省エネ達成・でも経費が…東京・稲城市「EV車やめます」
 やっぱりバッテリーか。この経費が電気自動車系は痛いんだよね。ここが安くならないと普及は難しい。普及させるには電気自動車の経費が安くなるまで税金を無料くらいにしないと無理だなぁ。

ミッキーが中国に買われる? ディズニーをめぐり懸念される「資本のねじれ」
 いやオリエンタルランドはディズニーランド経営してるだけだから、ディズニー欲しさで買収はないと思うけど、中国なら本家のディズニー買収してもおかしくないかもね。ぱくりで無くなるし。それよりもここでも資本のねじれがあったとは。京成電鉄ねぇ。

リアルマネー動員の時 「神の見えざる手」が破壊された世界
 神の見えざる手が破壊された?何言ってんの?神の見えざる手が働いたから、無茶な膨張したマネーが縮小してるんだろうに。さらに振れ幅は上に無理矢理上げた以上、その分下に深く落ちていく。適正な振れ幅になったら次第に戻っていく。神の見えざる手が機能してなければ、マネーの膨張はどこまでも行ってたよ。ここで一度バブルで膨らんだものは全部小さくなるべきだと思う。

株価材料
宍道湖のシジミ漁を許可制に 密漁対策 島根県
来春の“新卒市場” JRなど内需型企業が支える 製造業は大幅減
日興がガラスコートで海外展開中国に工場新設
ゆうちょ銀が第一生命の劣後ローン引き受け交渉
ゆうちょ銀が第一生命の資本増強に協力で調整
韓国社製の最軽量パソコン 3月末に日本上陸
中国株、焦点は業績改善見通しへ=岡三証券・西胤氏
ウォン安に飲み込まれた隣国「韓国経済の現実」

FC2 Blog Ranking
人気ブログランキングへ
ブログ村 株ブログ
ランキングはこちらをクリック!

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

今日のBGM:【初音ミク】【鏡音リン・レン】HAKOBAKO PLAYER【オリジナル】

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-