FC2ブログ

日本人の経済の基本はやはり米相場

朝刊
03 /23 2009
 あの明治から大正にかけての相場ドラマの主役は何をおいても米相場。日本は米相場を活力に大きくなっていたのかもしれない。はっきり言い切るわけにはいかないけど、少なくとも僕はそう思う。まあ米以外の綿糸やら他の商品も入れてってことだけど。
 そういった相場でのし上がった相場師が起業したり、のちの取引所の設立に関係したりと荒くれ者がゴロゴロしていた。そういった企業は大きくなり子会社が独立したりと、今ではみんなが働いてる企業の源流だったりする。そういった意味でも相場と相場師というのは経済国には必要なものである。彼らは相場の中でリスクを学び、体験し時には大債務を負い、それを逆転したりする。こういった連中は確かに普通の労働者にはなれないだろう。しかし、彼らのような豪胆な連中でなければ世界を驚かせるような経営や起業はまた難しいのかもしれない。人には人の使い方があるというか。
 それにそういった豪胆な男を選別する機能も相場は兼ね備えているように思える。さらに無一文で気概だけ大物の男達が勝負銭を掴む為にも相場は必要である。そういった男が金を掴み企業が生まれるのであるから。そんな偉大な起業家達を生んだ日本一の大相場である米相場が今は無いらしい。商品先物は詳しくないのでいい加減な事も言えないけど、これには少しショックを受けた。道理で米相場という言葉を聞いたことがあるのにも関わらず米価格が妙に安いわけだ。今では様々な相場もあるし、昔ながらの洋銀相場もFXという形で今でも健在だ。しかし日本人たる者やはりここは米相場がないというのは寂しいではないか。さらに言えば米相場は日本の牙である。その牙を国が抜いてしまったままでいるとはなんたることだ。米価格が上がらなければ米など作らんではないか。しかも相場が値段を高くつけてくれれば国が補助金など払う必要も無い。その為に相場師はいるのだ。
 過去にも空売りを規制しようという流れはあったらしいね。でもそれは全部失敗に終わった。信用買いが必要なように空売りも重要なのだ。時に行きすぎる時はあるだろうが行きすぎた価格は長い時間持ちはしない。本当に相場とは奥が深く、捉え所のない奴である。
 そんなわけでだらだらと適当に書かせてもらった所存である。

<旧吉田邸全焼>防火設備なく 貴重品も灰に
 貴重な旧吉田邸が燃えてしまった。もったいない。

BenQが日本のPC市場に参入 液晶一体型PCが5万円
 5万円で一体型とは!もう安さは止まらないのか。

パンなどの小売価格、夏から引き下げへ
 小麦価格が下がっている。いつの時代も小麦の買い占めなどがあっても価格は是正されるな。

株価材料
株式関連材料:中国向け素材輸出が大幅に増加
<追加経済対策>与謝野財務相「大規模」示唆
出店ラッシュで新・牛丼戦争 すき家200店吉野家100店
若者のトレンドは自然の中で野菜作り…就職より就農
株式関連材料:「危機克服のための有識者会合」終了
アップガレージ(3311)は不況が追い風で見直し余地大
米国製の低燃費車買い替え、72万円助成…米下院が法案
三菱農機「トラクターのレンタル始めます」、業界では異例

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-