FC2ブログ

日経平均株価 8,109.53 -126.55

値上がり率ログ
04 /01 2009
15:10 03/31 2009
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 8192/大2 シグマ・ゲイン (株) +33.33 8
2 5216/JQ (株) 倉元製作所 +32.50 53
3 8902/東1 パシフィックホールディングス (株) +27.97 366
4 3367/JQ (株) グリーンフーズ +24.33 20,440
5 8291/東1 (株) 東日カーライフグループ +23.58 131
6 9012/JQ 秩父鉄道 (株) +22.58 190
7 3528/東2 (株) グローベルス +20.00 12
8 5917/東1 (株) サクラダ +20.00 12
9 4875/HC メディシノバ・インク +19.64 396
10 8423/東1 (株) フィデック +18.18 6,500
11 2409/マ (株) ネクストジャパンホールディングス +17.95 657
12 4296/HC (株) ゼンテック・テクノロジー・ジャパン +17.82 2,645
13 7748/JQ (株) ホロン +16.67 7,000
14 4615/大1 神東塗料 (株) +16.51 127
15 9444/HC (株) トーシン +16.30 3,210
16 8907/東1 (株) フージャースコーポレーション +16.26 1,430
17 8866/JQ (株) コマーシャル・アールイー +16.25 186
18 2684/JQ (株) プライム +15.69 11,800
19 6895/大2 ダイヤモンド電機 (株) +15.31 226
20 3207/東2 (株) 中央コーポレーション +15.00 23
21 5603/大1 虹技 (株) +14.81 186
22 4314/HC (株) ダヴィンチ・ホールディングス +14.71 3,900
23 5161/東2 西川ゴム工業 (株) +14.71 499
24 3782/マ (株) ディー・ディー・エス +14.29 24,000
25 9707/JQ (株) メデカ ジャパン +14.29 40
26 3767/マ ネクステック (株) +14.29 4,000
27 3854/HC (株) アイル +13.89 82,000
28 3259/JQ (株) グローバル住販 +13.74 24,000
29 3250/JQ (株) エー・ディー・ワークス +13.70 16,600
30 8929/マ (株) 船井財産コンサルタンツ +13.70 24,900
31 6840/JQ (株) アドテック +13.51 42
32 2330/JQ (株) フォーサイド・ドット・コム +13.16 2,150
33 3435/JQ サンコーテクノ (株) +12.65 1,870
34 2397/マ (株) DNAチップ研究所 +12.45 27,100
35 2724/HC インスパイアー (株) +12.32 9,120
36 2347/マ (株) アイ・ビー・イーホールディングス +12.32 9,120
37 3105/東1 日清紡績 (株) +12.08 928
38 9623/東2 キヤノンソフトウェア (株) +11.90 470
39 3825/マ (株) リミックスポイント +11.64 38,350
40 4321/東1 ケネディクス (株) +11.61 9,610
41 2403/マ (株) リンク・ワン +11.49 19,400
42 4369/HC (株) トリケミカル研究所 +11.26 168
43 2429/JQ (株) ワールドインテック +11.17 21,900
44 3092/マ (株) スタートトゥデイ +11.05 85,400
45 4794/マ デザインエクスチェンジ (株) +11.02 423
46 5913/東1 松尾橋梁 (株) +10.81 82
47 8922/マ (株) アイディーユー +10.71 5,170
48 7725/マ (株) インターアクション +10.63 31,650
49 3248/マ (株) アールエイジ +10.53 168,000
50 2055/大2 日和産業 (株) +10.14 163

4月1日といえばアイレム

朝刊
04 /01 2009
 エイプリルフールネタと言えばやはりアイレム。相変わらず作り込んでいます。本当にすごい会社だと毎年思う。
 さて、やはりストリームが無いのでどうにも落ち着かない1日を送っています。んでサイトへ行ってみようとしたらもう無くなってる!なんてこった…。早いよ。ストリームなにそれ?と言わんばかりのブタの顔が…。月曜の吉田さんの芸能ネタも聴けず、火曜の町山さんのアメリカ話も聴けず、今日は勝谷さんの政治怒り話も聴けず…。まあ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」の火曜に小西さんが参加。さすがは荒川さんだ。まあちょっと安心。
 そんなわけでキラ☆キラを聴きながら、どうも落ち着かず部屋の中を歩き回ってしまった。キラキラは始まったばかりの番組なので手探りなのだろう。そんな感じを受ける。そもそも毎日番組で毎回メッセージテーマを決めてそれについて話すスタイルというのは、始めた当初はテーマ在庫があるからいいだろうけど、これを使い切ってからがキツいだろう。どうでもテーマになったり、いまいち盛り上がらないテーマになってしまったり。何よりファンも毎日が同じスタイルでは飽きてしまうのもあるだろう。その為に毎日継続してる番組は日替わりで企画を変えて、新鮮さとネタの仕込みと飽きを回避してるのだと思う。そんな簡単に毎日色々思いつくなら、ブログも毎日魅力的に出来るしねぇ。それが難しいから僕もニュースを取り上げてるわけで。毎日番組では飽きや話題の枯渇回避にはやはりニュースがいい。ニュースなら話題に尽きることもないし、飽きもないから。だからストリームもああいう形になっていったのだろうと思うし。次第にキラキラもメッセージテーマを絞り出すことに苦労したり、そもそも飽きてしまったら、ニュース解説になるのではないかと思う。これが一番手っ取り早いし、何よりストリームファンや次のデイキャッチへのバトンの意味合いでもニュース色を強くしていく方がいいだろうし。気になるのは今日のデイキャッチのニュースランキングへの投票数がものすごく減っていたことだ。月末で少ないという理由ならいいが、もしもこのまま少ないままであった場合、やはりストリームのファン離れが響いてることになる。今のキラキラではストリームファンを惹きつけるのは難しいだろうとデイキャッチに出演していた小西さんのGM解説を聴いて思った。
 キラキラの出演者はみんなそれぞれの知識があるのだから、それを活かせる番組にすれば盛り上がりそうなものだが、メッセージテーマに縛られてるために話に拡がりというか自由さがないのが残念だ。とは言ってもこれが普通のラジオなのかな。僕はストリームをマニアックな知識の補給を大学の講義感覚で聴いてたために、キラキラには得る物がなにもなく非常に残念だ。サウンドパティスリーがコラムの花道枠なのだろうけど、3時まで内容のある話がないのがキツい。
 でも今日はタマフルの宇多丸師匠だ。期待出来るはず。

Xbox 360、国内100万台突破 PS3は300万台超え
 PS3売れてるんだね。ちょっと驚いた。

デジタルフォトフレーム市場は絶好調、低価格化や高機能化に期待
 静かに盛り上がってるデジフォトフレーム。しかも機能についてもどうなるやら予想すら出来ない状態。

「eBay.co.jp」、ついにオープン ~ 世界最大規模のオンライン市場「eBay」が利用しやすく
 とうとうイーベイ登場か。さてネットオークションはどうなっていくことやら。

政府のミサイル情報伝達、ネット企業は対象外
 これには驚きだ。IT革命はどこへやら。

<三菱ふそう>海外販売好調で黒字
 く、黒字だと…?そんなに好調なのか…。

気になる株価材料
人民元、今後15年で世界の準備通貨になる可能性=ロシア財務相
pixiv投稿作品を商品化へ エンターブレインと協業、Webマガジン「ピクシブ通信」も
イオンがメーカーブランドの衣料品も値下げへ 家電も検討
<世界銀行>貿易収縮防止へ500億ドル基金構想…総裁表明
メルケル独首相、オペル救済で具体的な確約せず
日本の成長率6・6%減、主要国で最悪…OECD見通し
消えぬ「5月危機」 株価8000円で期末危機回避も…
年度末の日銀当座預金22兆円=大量資金供給で55%増
大和証券、パナソニックのTOB応募を契約
<ダイハツ>本社工場と京都工場で4月も3日間稼動休止
G20でタックスヘイブンの「ブラックリスト」公表へ
<電機大手>ソニー、10年春の新卒採用を半減
<楽天>TBS買収撤退…全保有株、買い取り請求
<温室効果ガス>4000万トンの排出枠、チェコから購入
トヨタが初の減配へ
イオンとドコモ、携帯電話を使った販売促進で新会社設立へ
<ソニー>デジタルフォトフレームの新商品4機種を発売へ
ホンダ、念じるだけでロボット動かせる技術開発
<住宅ローン金利>4行が4月から引き上げ
グーグル、中国で無料の音楽ダウンロードサービス開始
「非正規」19万人失職 10~6月見通し 4月以降は減少

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-