FC2ブログ

日経平均株価 8,707.99 -139.02

値上がり率ログ
04 /25 2009
15:10 04/24 2009
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 7633/JQ (株) NESTAGE +142.86 34
2 2666/JQ (株) オートウェーブ +38.10 290
3 3335/JQ エー・ディ・エム (株) +30.63 290
4 1776/東2 三井住建道路 (株) +26.87 85
5 8206/大2 ステラ・グループ (株) +25.00 5
6 6590/東1 芝浦メカトロニクス (株) +23.53 420
7 2409/マ (株) ネクストジャパンホールディングス +19.11 1,870
8 6787/JQ (株) メイコー +19.01 1,252
9 3767/マ ネクステック (株) +18.18 2,600
10 9972/東1 アルテック (株) +16.88 187
11 2481/JQ (株) タウンニュース社 +16.80 285
12 3755/マ (株) ゴンゾ +16.67 2,800
13 7624/JQ (株) NaITO +16.05 2,025
14 7853/マ (株) YAMATO +15.99 2,720
15 7946/大2 (株) 光陽社 +15.62 37
16 8423/東1 (株) フィデック +15.49 14,910
17 1816/東1 安藤建設 (株) +15.45 142
18 8922/マ (株) アイディーユー +14.85 23,200
19 6425/JQ アルゼ (株) +14.71 780
20 3772/マ ドリームバイザー・ホールディングス (株) +14.14 79,900
21 2174/マ GCAサヴィアングループ (株) +13.90 163,900
22 4288/JQ (株) アズジェント +13.82 24,700
23 2463/マ (株) シニアコミュニケーション +13.79 16,500
24 3751/マ 日本アジアグループ (株) +13.70 8,300
25 7278/東1 (株) エクセディ +13.39 1,694
26 6770/東1 アルプス電気 (株) +13.29 554
27 3622/マ ネットイヤーグループ (株) +13.25 17,100
28 6784/JQ プラネックスコミュニケーションズ (株) +13.11 25,880
29 2464/マ (株) ビジネス・ブレークスルー +13.09 34,550
30 2385/マ (株) 総医研ホールディングス +12.90 17,500
31 3239/JQ (株) 総和地所 +12.74 1,655
32 2370/マ (株) メディネット +12.41 9,060
33 4309/HC (株) エルゴ・ブレインズ +12.31 219
34 7705/東2 ジーエルサイエンス (株) +12.24 1,155
35 1400/HC ルーデン・ホールディングス (株) +12.02 4,660
36 4201/東1 日本合成化学工業 (株) +11.97 318
37 3773/マ (株) アドバンスト・メディア +11.52 38,250
38 3367/JQ (株) グリーンフーズ +11.46 38,900
39 6786/マ (株) リアルビジョン +11.43 19,500
40 2405/マ (株) フジコー +11.26 2,570
41 2351/マ (株) アドミラルシステム +11.26 29,650
42 3245/マ (株) ディア・ライフ +11.25 8,900
43 6815/東1 ユニデン (株) +11.18 378
44 6721/マ ウインテスト (株) +11.11 19,000
45 7491/JQ (株) オーエー・システム・プラザ +11.11 20
46 7218/JQ 田中精密工業 (株) +11.02 423
47 3742/マ (株) デュオシステムズ +10.96 8,100
48 3744/マ サイオステクノロジー (株) +10.96 20,250
49 3878/東1 (株) 巴川製紙所 +10.86 245
50 9764/東2 技研興業 (株) +10.81 82

誰もが危惧してたチャイナリスクが炸裂

朝刊
04 /25 2009
<IT製品強制認証制度>中国が概要公表へ 日本は撤回要求
 昔から中国は経済成長するが共産主義であるがゆえのリスクがある、と言われていた。それがいつか来るかと思ったら、こんな時に出てきたわけで。まあ、内需刺激策を他国よりも先んじて行っただけはあって、世界は自分を中心に回ってると思ってしまったのだろう。しかも民主主義なら抑える動きもあるが共産主義なために一部の人間が思っただけで一直線に進んでしまうのだろう。それで今回の動きはいまいち中国の中で価値の評価されていない知的財産についてのことで、中国自身はそれほど大きな要求をしてるつもりはないのかもしれないが、今ではソースコードは産業の命にも等しいものなのでそれをただでよこせという暴論は中国市場から外資が撤退するのに充分な理由にもなるだろう。
 まあこの制度が本当に施行されたら、中国に残る外資企業はいなくなるのではないか。さすがに一時的な内需のためにソースコードを公開して自分の産業や有利な技術を流出するとは考えられない。それに建前通りにセキュリティのためであるとしても、それを洗うだけの技術者は相当な数が必要だし、何よりそこまで中国政府は信用されていないことに中国自身が気付いてないのか。
 こうなると「アメリカ後の世界」で書かれていたとおりに英国仕込みの民主主義と資本主義の根付いてるインドの方が信用できると外資はインドを目指しかねない。ただこの制度を撤回したとしてもチャイナリスクを再認識させてしまったために今まで通りに中国市場を信用するのは厳しくなった。
 個人的に考えられるシナリオとしてこの制度の為に外貨の総撤退からインドへの外貨流入から中国国内の不安が拡がり政治的に不安定になりかねない。やっぱり共産主義では資本主義を正確に認識できないという例になることだろう。昔から中国が世界の中心になると不安定になるんだよなぁ。
 この制度は今後の世界経済を占う上でも重要な制度になるだろう。なのに日本のマスコミはタレントの全裸騒動を盛り上げてる有様。TBSラジオで前ならこの問題に取り組んでいたストリームは今はなく、代わりのキラ☆キラでは本当にどうでもいい話を延々としてる有様。なんだかとても日本のメディアは本当に残念だ。
 しかし、この制度撤回したとしてもちょっと不信感は拭えないし、これは中国にとってかなりまずいよなぁ。世界の大投資家がどう動くか注視していきたい。ジム・ロジャーズはどうするんだろう。この状態でも中国と言えるのか、気になるところ。この制度は保護政策と言われるかもしれないけど、ここまで来ると保護というより外資拒絶に近いよなぁ。外国のブランド製品を作る世界の工場として機能してたのに、外国のブランドが無くなってしまったら競争力なくなるのに。しかも人件費が安かった時代はもう昔の話でもあって、今なら違う国の方が安いし。ここから中国だと思った矢先に、余計なことをするんだからなぁ。チャイナリスクが表面化するとは思わなかったし、思いたくなかった。
 あー、もうこれからどうなるかさっぱりわからん。ただ中国から外資が抜けた場合は日本にチャンスは回ってくる可能性はある。中国中の工場が止まれば仕事が相当増えるからね。まったく中国にはガッカリだ。

<FX取引>金融庁が業者規制を強化へ
 これ判断難しいよなぁ。規制が強化されると業者の淘汰が起きて大手に有利とか、規制の為に市場が小さくなるとか。色々考えられてプラスかマイナスか判断しづらい。

[販売戦略]ウィルコム、GW中の契約で、月額980円で2年間ネット使い放題
 もうなんかすげーなぁ。

米フォードの第1四半期は予想より小幅な損失、株価は上昇
 フォードはまだ安心感がある。生き残ったら強い企業になりそうだなぁ。

週明けにもクライスラー破産か 米紙報道
 もうクライスラーは後がない。来週中という話だったけど、週明けか。

<日清製粉>正田修会長が退任へ 創業家出身の役員はゼロに
 ほう。日清製粉から正田の名前が無くなるのか。これはすごい。創業家から独立していく企業がまた一つ増えたと言うことか。

気になる株価材料
アイ・オー・データ、手袋着用でも操作可能なタッチパネル液晶「LCD-A152F-T2」を発表
マイクロソフト、減収を発表
メリルリンチ救済、FRB議長らがバンカメに「圧力」
G7開幕へ 国際経済政策協調を確認
<外食業界>「値下げ合戦」やむなく 節約志向に押され
野村HD 最終赤字7094億円 海外投資も圧迫 3月期
JALとANA、7~9月のサーチャージをゼロに
ウェッズが自社株取得枠を拡大、6万株から14万株に
中国の金準備、1054トンに増加─外為管理局長=新華社
予想上回るサムスン決算、底打ち機運の電子部品株を刺激
米アマゾン、第1四半期は市場予測上回る増収増益
ペルーの地デジ、日本式決定 南米諸国の採用に弾み
昭和シェル 宮崎に太陽電池第2工場 年6万キロワット 6月本格生産
日立マクセル リチウムイオン電池 百円玉サイズで出力28倍

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-