FC2ブログ

日経平均株価 9,792.94 +69.78

値上がり率ログ
07 /24 2009
15:10 07/23 2009
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 3719/JQ (株) BBH +40.00 105
2 6672/マ (株) レイテックス +39.06 178
3 7593/HC VTホールディングス (株) +32.61 122
4 4302/HC オープンインタフェース (株) +19.80 484
5 3069/HC (株) アスラポート・ダイニング +19.23 12,400
6 8844/JQ (株) コスモスイニシア +19.05 50
7 1907/東1 東北ミサワホーム (株) +18.26 259
8 3755/マ (株) ゴンゾ +18.18 650
9 8907/東1 (株) フージャースコーポレーション +17.70 6,650
10 3433/東1 トーカロ (株) +15.30 1,507
11 4566/マ (株) LTTバイオファーマ +14.74 23,350
12 8886/JQ (株) ウッドフレンズ +14.63 141,000
13 5997/JQ 協立エアテック (株) +14.56 299
14 7462/JQ ダイヤ通商 (株) +14.55 63
15 3239/JQ (株) 総和地所 +14.44 3,210
16 3259/JQ (株) グローバル住販 +13.72 82,900
17 3724/東1 (株) ベリサーブ +13.43 218,800
18 8866/JQ (株) コマーシャル・アールイー +13.12 250
19 5310/東1 東洋炭素 (株) +13.09 4,320
20 8892/JQ (株) 日本エスコン +13.02 4,340
21 8024/東1 シルバーオックス (株) +12.82 88
22 2162/JQ 日本マニュファクチャリングサービス (株) +12.63 32,100
23 7743/JQ (株) シード +12.50 315
24 7708/HC (株) フォトニクス +12.06 9,290
25 2370/マ (株) メディネット +11.76 19,000
26 1717/JQ 明豊ファシリティワークス (株) +11.11 120
27 2392/東1 セキュアード・キャピタル・ジャパン (株) +10.92 113,800
28 1407/JQ (株) ウエストホールディングス +10.82 512
29 9707/JQ (株) メデカ ジャパン +10.77 72
30 3782/マ (株) ディー・ディー・エス +10.53 31,500
31 3113/東2 Oak キャピタル (株) +10.53 21
32 6508/東1 (株) 明電舎 +10.42 583
33 2372/東1 (株) アイロムホールディングス +10.27 5,370
34 4685/JQ (株) 菱友システムズ +9.94 863
35 8927/JQ (株) 明豊エンタープライズ +9.80 112
36 8155/東1 三益半導体工業 (株) +9.40 1,396
37 8940/東2 (株) インテリックス +9.38 46,650
38 4539/東1 日本ケミファ (株) +9.35 339
39 1871/東1 (株) ピーエス三菱 +9.21 403
40 4516/東1 日本新薬 (株) +9.18 1,308
41 2410/東2 (株) キャリアデザインセンター +9.16 13,700
42 3114/大2 (株) プロジェ・ホールディングス +9.09 36
43 6639/東2 (株) コンテック +9.03 700
44 2479/HC (株) ジェイテック +9.02 32,650
45 4335/JQ (株) アイ・ピー・エス +8.77 28,900
46 3393/マ スターティア (株) +8.64 50,300
47 9479/東1 (株) インプレスホールディングス +8.59 215
48 3751/マ 日本アジアグループ (株) +8.49 11,500
49 5384/東1 (株) フジミインコーポレーテッド +8.46 1,717
50 5602/東1 (株) 栗本鐵工所 +8.42 103

そういえば映画観てるけど書いてないな

朝刊
07 /24 2009
 映画結構観てるけど、ここでは書いてないんだっけ。とは言っても面白いってのはなんかあったっけ?レスラーは見損ねてショックだったし。あ、映画ハゲタカは結局3回観たよ。一番落ち着ける映画だけど、それは個人的な趣向にあっただけかな。
 そうそう、劔岳って映画があった。あれは監督が昭和の名キャメラマンってだけあって画がもうザ日本映画って構図でちょっと懐かしかった。どういう事かというとドラマって登場人物が大きく映し出される。それはテレビという小さい枠の中で物語を見せるために仕方ないのだろうけど、このまま映画にしてしまうと、やたらでかいスクリーンに大きく登場人物が映し出されてのっぺりした印象を受けてしまう。観てる時には気付かないけど、劔岳で久しぶりに日本映画的映像を見て感じたわけだ。この劔岳では綺麗な山の風景を大きく撮っている。映像のメインが背景である山だと言わんばかりだ。その中で小さな俳優達が演技をしている。テレビドラマではこんな撮り方をしたら俳優が豆粒になってしまって、演技もへったくれもないだろう。でも映画だとスクリーンが大きいために多少俳優が小さくても良くわかるし、圧倒する山の景色の中での演技する俳優は味わいが増すものだ。ドラマの映画化ではお目にかかれない構図で面白かった。昔の日本映画ってこんな感じだったなぁと思いながらも、地味なテーマでありながらも命がけの撮影に恐れ入った。まあ監督としてはまだまだ未熟に見えるところはあったものの、カメラの腕は確かに一流で最近の日本映画って日本映画って感じしないなと感じてる人は観てみるといいかもしれない。
 しっかし本当に画はすげえなと思った。それに俳優も極限状態での演技は本当にご苦労さまでした。これからもああいう画が見たいんだよなぁ。あの構図で明治時代の大相場師の映画とか撮って欲しいな。きっともうあんなキャメラマンは木村大作監督が最後だろうから。

ユーチューブ「対抗馬」閉鎖へ 動画投稿サイト「ジリ貧」なのか
 動画投稿サイトはいつから収益が確保出来るのか。今はテレビラジオも大変だし、広告収入自体の落ち込み期でもあるから難しいよなぁ。広告収入が増えた時に利益が確保出来るようにしておくことが重要だろうね。

ジム・ロジャーズ「日本経済に不安、5年は“円”買わない」
ジム・ロジャーズ「中国経済では世界を救えない」
ジム・ロジャーズ「中国株の売買は停止している」
 ジムロジャーズもちょっと方針が変わってきたぞ。あんなに中国大好きだったのにさすがにここらの高値に警戒心か。世界を中国だけが牽引するのは難しいと僕も思う。これからは一つの国だけに着くって送ればいい時代じゃないな。また明治時代のように市場を読み切った企業が伸びる時代になるのかもね。

中国経済は今年、目標の8%成長を達成可能=外相
 中国は人口の多さがやっぱりネックだと思うんだよなぁ。一部の地域を豊かにすることは出来ても国全体を盛り上げるのは不可能だろう。と言うことはやっぱり国として規模が大きすぎるんだよ。国民全体に豊かさを実感して貰うためには2億人くらいの国が限界じゃないかと思う。10億人総中流階級なんて地球がいくつあっても足らないよ。きっと中国とインドが資本主義国家としての規模の大きさの限界を示してくれるんじゃないかと思ったり。資本主義では国の大きさや人口には価値がないからね。むしろ小さい方がうまく動けたりする。資本主義では相場を制した者こそ勝者だからね。資本主義国が領土を必要としたのは共産主義と戦うための場所取りとしての土地で、資本主義国が本当に欲しがる土地は資源があって人のいない土地くらいなもの。まあその資源が市場に上場されてることが必要だけどね。

気になる株価材料
トヨタ、カリフォルニアの合弁工場清算へ 来週にも旧GMと交渉
容量“256Gバイト”のUSBメモリ、キングストンから
広瀬香美さん「Twitterはヒウィッヒヒー」 一夜で流行語に
大日本印刷、印刷方式による有機 EL パネルを開発
<VW>ポルシェ買収へ 11年半ばまでに完全統合
<フォード>5四半期ぶり黒字転換 4~6月期
「プリウス」注文殺到 「補助」期限内に登録間に合わない?
「会社存続のために」JAL社長、年金削減へ決意
「ぶつからないクルマ」日産が2011年に米市場に投入へ
「タミフル」「リレンザ」製造元、大幅増益
米マクドナルド第2四半期は減益、売上高は予想下回る
<金融庁>金融審議会に懇談会設置 規制のあり方など議論
あさひの10年2月期業績予想の上方修正に自信=下田社長
電気自動車 三菱自と富士重が自治体などに納車
<アリコ>通販への信頼失墜 顧客情報流出
欧州委員会、オーストリアのグリーン電力導入策を支持
カゴメが純利益前期比の2.8倍
<JFEエンジ>水供給サービス展開へ 豪にプラント
底堅い公募銘柄、海外投資家の買い余力などが下支え
民主党の最低時給1000円構想、企業のコスト配分に変動も
グリーンハウス、太陽光で充電できる「ソーラーチャージャー」発売
米バークシャー、ムーディーズの持ち株比率を引き下げ
住友鉱山、ニッケルのフル生産で下期回復シナリオを継続
第一三共 主戦場で弾み 米新薬承認 武田は出遅れ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-