FC2ブログ

強気と弱気の境目の風景

朝刊
11 /23 2009
信子「ふう…。時代ってすぐに変わるものね。この間までの機嫌の良さが吹き飛んでしまったわ」
益利「あー…。まさか新興市場がここまで完膚無きまでに売り込まれるとはな」
信子「やっぱり、あそこで離隔しておけば良かったのよ。チャート的に天井だったんだし」
益利「もっと力強い政策が出るのかと思ったら何もしない新政権とは思わずにマーケットに飽きられてしまった…。中国もモリモリ成長してるのにちんたらしてたら見放されるわな」
信子「とは言ってもなぁ、売った後に上がる可能性なんていくらでもあるわけじゃん。売れないわけよ。仕方ないの。よりによって怖いから単元株しか持ってないのばっかり上がりやがって」
益利「多く持った株に限って中間決算で最悪で下げるしなぁ。まあ損切りは良かったけど、あれはないよなぁ。やっぱり欲かくといけないか」
信子「ちゃんと財務状況がいい割安に…。んーでも成長株もみんな安いし、難しい状況。うーん」
益利「…やっぱりここは、アレしかない!」
信子「なになに?そんな必殺の手段があるの?」
益利「ある。こうなったら株価を見ない!」
信子「ええっ!それは逃げ…。いえ、それが実は最強かもしれない。どうしよ、ちょっとそれ惹かれる」
益利「とは言っても気になってみてしまうんだよなぁ」
信子「無理よねぇ。やっぱり」


↑クリックお願いします。

スパコン「凍結」せず…菅戦略相、仕分け見直し
7年前発売の小型車が好調=減税追い風に復活-三菱自
<広瀬香美>「下っ腹」から「事業仕分け」まで……蓮舫議員とツイッターで“異色”対談
「ビジネス向け」ブラックベリー 2010年には「ゲーム機」にシフト?
Twitterは社会をどこまでオープンにするのか
アップルのiPhone、韓国KTが今週から発売へ
赤字脱出の処方箋となるか トヨタ、研究開発投資額で世界トップに浮上 EU調査
プロ投資家の世界で生じている市場異変 日本の財政破綻を予測し円売りが過熱
個人向け社債発行、前年の1・5倍 高い利率と安心感が魅力

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-