FC2ブログ

緊張測定カードの風景

朝刊
04 /19 2010
歩「あ、そうだ。仕事場でこんなのもらったんですよ」
信子「ん、なーに。そのカード」
歩「この黒い部分を十秒触ると緊張してるかどうか調べることが出来るらしいんですよ」
信子「へえ、面白そう。緑だと何でもなくて赤くなると緊張してるって事か」
歩「でも職場のみんなは緑で赤い人がいないんですよ。だから本当に効果あるんだかわからないんですよね」
信子「へえ、胡散臭いわね。ちょっとやらして」
歩「いいですよ、どうぞ」
信子「どれどれ、十、九、八、七、六、五、四、三、二、一。どうだ」
歩「お?」
信子「ん?おお、これは赤っぽい緑だ」
歩「信子さん、ちょっと緊張してるんですね」
信子「あたし自身そんな自覚は無いんだけどねぇ。もしかして株を持ってる事で若干常に緊張してるのかも」
歩「でも本当に色変わるんですね。ちょっと驚きました。それに気楽に見えてた信子さんが実は緊張してたのは驚きです」
信子「へっへーん、バレたか。案外内心ってのは隠せないものねぇ。侮れないわ」
歩「でもさすがに真っ赤じゃないから、誤差みたいなものじゃないですか?」
信子「どうせなら、真っ赤なのが見たいなぁ。あ、あいつ呼ぼうか?」
歩「先輩ですか」
信子「そう。おーい!益利ちょっときてー」
益利「んだよ、うっせーな」
信子「ちょっとこれ触ってみ?」
益利「何これ。まあいいか。ほらよ」
信子「では。十、九、八、七、六、五、四、三、二、一。いいよ、放して」
益利「はいよ」
歩「どうですか?うわ!」
信子「真っ赤っか。あんた緊張しすぎよ」
益利「赤いとマズいのか?これ」
歩「赤いと緊張してるってことらしいですよ」
信子「なに?あんた女の子二人に緊張しちゃってる?実は」
益利「んなバカな!」
信子「じゃあ、ちょっとトレードで最近損してない?」
益利「な、なんでそれを!」
信子「やっぱりか…。わかりやすいヤツ」
歩「信子さんもちょっと赤かったんですよ」
信子「それは言っちゃダメ-!」
益利「人の事言えねーじゃねーか」

気になる株価材料
<日本創新党>首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長
日本エコシステム 営業倍増、120人採用へ
ユニクロ「安売り・薄利多売」の誤解 粗利率は業界水準2倍の50%と超高収益
米で三菱UFJ系、破綻の地銀を買収

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-