FC2ブログ

日経平均9,522.66+62.77

値上がり率ログ
05 /27 2010
15:10 05/26 2010
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 6253/マ (株) エフオーアイ +100.00 2
2 3594/JQ モリシタ (株) +36.67 41
3 4961/JQ 日油技研工業 (株) +29.41 1,320
4 3742/マ (株) デュオシステムズ +28.44 13,550
5 7260/東1 富士機工 (株) +26.04 242
6 4845/HC (株) フュージョンパートナー +21.62 22,500
7 6835/東2 アライドテレシスホールディングス (株) +21.05 115
8 8897/東1 (株) タカラレーベン +19.74 370
9 6344/大2 キヤノンマシナリー (株) +19.45 2,070
10 2174/マ GCAサヴィアングループ (株) +17.78 86,100
11 6640/JQ 第一精工 (株) +17.74 2,429
12 9897/東1 ユニダックス (株) +17.70 532
13 3787/マ (株) テクノマセマティカル +17.53 124,700
14 2464/マ (株) ビジネス・ブレークスルー +17.14 47,850
15 3236/JQ (株) プロパスト +16.75 4,880
16 8700/JQ 丸八証券 (株) +16.00 58
17 2369/マ (株) メディビックグループ +15.62 11,100
18 3825/マ (株) リミックスポイント +15.28 28,450
19 9778/JQ (株) 昴 +12.55 296
20 6669/JQ シーシーエス (株) +11.78 175,500
21 8713/東1 フィデアホールディングス (株) +11.46 175
22 2489/マ (株) アドウェイズ +11.14 88,800
23 2478/マ (株) エムケーキャピタルマネージメント +11.00 27,760
24 2006/東2 東福製粉 (株) +10.96 81
25 1819/東1 太平工業 (株) +10.32 310
26 6852/JQ (株) テクノ・セブン +10.20 54
27 4552/大2 日本ケミカルリサーチ (株) +10.17 1,300
28 9379/JQ 三洋電機ロジスティクス (株) +10.13 1,739
29 5602/東1 (株) 栗本鐵工所 +10.00 121
30 9674/東2 花月園観光 (株) +10.00 77
31 8924/東1 (株) リサ・パートナーズ +10.00 41,250
32 4340/東1 (株) シンプレクス・テクノロジー +9.92 56,500
33 4298/JQ (株) プロトコーポレーション +9.89 3,500
34 5923/東1 高田機工 (株) +9.76 180
35 7434/JQ (株) オータケ +9.61 1,700
36 4835/JQ (株) インデックス・ホールディングス +9.54 8,040
37 6929/東1 日本セラミック (株) +9.48 1,270
38 6358/東1 酒井重工業 (株) +9.30 141
39 2355/マ SBIネットシステムズ (株) +9.29 13,300
40 8848/東1 (株) レオパレス21 +9.28 365
41 2337/HC アセット・マネジャーズ・ホールディングス (株) +9.15 9,660
42 6958/東1 日本シイエムケイ (株) +9.15 549
43 1400/HC ルーデン・ホールディングス (株) +9.08 8,530
44 8907/東1 (株) フージャースコーポレーション +8.93 15,120
45 7263/東1 愛知機械工業 (株) +8.88 282
46 7842/JQ (株) セガトイズ +8.54 267
47 7577/JQ (株) パスポート +8.38 181
48 3121/大2 マーチャント・バンカーズ (株) +8.33 26
49 7612/JQ (株) コモンウェルス・エンターテインメント +8.33 26
50 6629/JQ テクノホライゾン・ホールディングス (株) +8.27 288

二番底はなぜ出来るのか。

朝刊
05 /27 2010
 WBSでロバートフェルドマンさんが楽観視していると発言していた。僕も似たような認識だったのでちょっと安心したわけだ。
 なぜ楽観なのか。まあ先の相場はわからないが、基本的に二番底は過去にも何度もありそれを調べると見えてくる物がある。そもそもなぜ二番底を描いているのか。ここに市場関係者の常に起きる心理が関係している。
 まず一番底。これはとてつもない経済的な危機が起きて、強気だった相場は一気に冷やされて株が投げ売られる。株が投げ売られれば、売りが売りを呼ぶ状態になり、株価は下値メドを失いとことん落ちていく。下げ止まるのは過去最安値や売り物が無くなったり、空売り筋が買い戻し始めたりといった上昇圧力によって次第に下げ止まり、下げすぎた反動で一気に戻す。これが一番底だ。市場心理ではこういった動きであるが、もう一つの動きがある。それは企業側の戦略にある。強気だった経済期は過剰な設備投資や借り入れなどを行っていたわけだ。商品を作れば売れるのだから、作る設備などの投資はするのは当たり前だ。でも株価が冷え込んで景気が落ち込んでいた時は需要が一気に落ち込む。そうすれば商品の在庫は積み上がり過剰な設備は余り、赤字になったり、資金繰りが苦しくなる。そんな姿や数字を見た投資家はまた不安になり株を投げる。まさに悪循環であるが、こうなった時に企業は一気に在庫や設備調整をするわけだ。場合によっては借金返済したり、増資をして資金を確保しておく。ようするに企業の体力がついてる状態になるわけだ。
 というわけで一番底では投資家の不安と企業の攻めの投資戦略による痛みで本当に危機なわけだ。しかし、景気が回復すると一番底で体力をつけた状態で景気が盛り返しながらも、手探りの設備投資や人員確保しかしないまま、リスクを最小限にしていた状態での再度の金融危機が起きた場合はどうなるか。
 再度金融危機が起きた時、投資家は一番底での危機を思い出してしまって過剰に反応してしまう。そう投げてしまうわけだ。しかもおそるおそる投資してたわけだから、落ちたらすぐ逃げる的な姿勢でいるわけだから投げるのも早いだろう。落ち込み方は凄いことになる。しかし、前回の一番底と状況が違うのは企業の体力の方だ。こちらは一番底前の危険な設備投資はしてないし、借金を減らし手元資金も確保してる状態なわけだ。ということは企業側は一番底の時は比べものにならないほど余裕があるわけだ。一番底のお陰で体力をつけてるのだから、当然でここが二番底と一番底の違いだ。企業の体力が格段に違うわけだ。すると景気回復期まで耐える力や倒産懸念も無かったり黒字であれば株価は上がっていく。こうして株価は二番底で盛り返していく。
 過去にも兜町戦史を読むと二番底はそういう感じなのだ。そんでロバートフェルドマンさんが企業に体力があるから楽観してるとというのはそういった企業の財務的な安心感によるものが大きい。ましてやここで株価が落ち込むようなら体力のある企業は精力的に企業買収をしていくだろうし、チャンスにもなるわけだ。
 まあそんなわけで財務的に大分楽になってる企業ばかりになってる今、この暴落の下がり止まったところが二番底になる可能性が強いのではないだろうかと思っている。まあ先の事はわからないけど、間違いなくリーマンショックで財務の健全化と設備投資を絞っていた企業がリーマンショックと同じような状況にはならないのではないかと思う。リーマンショックの頃と言えばトヨタは在庫の車を置くために飛行場を借りてたくらいだったが、今はそんなことは無いだろう。またここから大きな人数のリストラも無いだろう。F1だってもう止めている。トヨタを見てもリーマンショックの頃とは違うわけだ。他の企業もリーマンショックから無駄なモノを節減してるだろう。イケイケ期のショックとダマシダマシ期のショックではまるで状況が違うわけだ。
 まあ先の事はわからないけど、そんなに悲観的になる必要は無いのではないかと思ってる。しかし、相場なんて先はまるでわからないからこれは個人的な予想であるのでなんとも言えないが。個人的には一日も早く株価が盛り返して二番底を作る事を願っている。

気になる株価材料
「北指導者の責任問う」訪韓の米国務長官
<北朝鮮>潜水艦4隻が所在不明…韓国警戒
ドコモ向けTwitterアプリ「jigtwi」が登場――独自ブラウザも搭載
米Yahoo!、位置情報ベースのモバイルSNS企業Koprolを買収
世界サーバーシェア、HPがIBMを抜きトップに――米ガートナー調べ
姿を現した「グーグルテレビ」 視聴者と広告ネットに流れる可能性
品薄のiPad、予約なしの当日販売決定
<iPad>早くも行列 銀座1人、表参道3人 26日夕に
<HSBC>人民元口座を開設…1000万円以上の預金高で
「世界一安い車」発火事故、タタが無料点検
SIMロック解除で脱ガラパゴスを 総務省
和牛輸出ピンチ 口蹄疫で「非清浄国」認定
世界初の霊柩バイク、ニュージーランドで誕生
インサイダーなら永久追放=法令順守徹底へ―日証協
欧州の太陽光発電プロジェクト、三洋電機のHIT太陽電池を採用
EV充電事業はビジネスにならない…出光の実証事業結果
日野自動車、ストックオプション発行130万株分、自己株式も取得へ
楽天がインドネシアで電子商取引に参入へ、現地企業と合弁設立
ユニクロ、誕生感謝祭を実施 28日から3日間
ホンダの工場でストライキ、ホンダは手当ての支給を提案も受け入れず
中央銀行の独立欠かせない…FRB議長が講演
事業仕分け生中継が貢献 「ニコ生」「ユーストリーム」のアクセス急増
対外純資産、19年連続世界一 266兆円、過去最高を更新

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-