FC2ブログ

群馬の逆襲とか言う本があって。

朝刊
05 /30 2010
 群馬の逆襲っていう本があったので読んでみたけど、群馬以外の人にはどうでも良い本なので面白かった。むしろ群馬者にはあるあるネタというか。まあそれは良いとして、この本の中で気になったのが群馬は高級輸入車の展覧会という点だった。
 確かに群馬では様々な車が走っている。とはいえそれは他の県でも当たり前だと思ってたんだけど、この本を読むとそうでもないらしい。なんでも他の県ではトヨタ率が高いとか。確かに群馬は富士重工があるために他県よりはトヨタの影響力は弱いと思う。とは言えスバルだけでは車種も少ないので、スバルの影響力も強いとは言えない。スバルの存在でトヨタの影響力を相殺してる感じだろうか。
 その為か、あと県民性か群馬県人は他人と同じ車を乗ることを嫌がる。ある意味車は服装と同じかそれ以上の物なので車がその人のアイデンティティを表現すると考えるのだろう。どんなにカッコいい人でも車がダサイとガッカリされるなんて事もあるわけだ。逆に本人が汚い格好していても車がカッコ良ければ挽回される。そんな風土のためか車は結構みんなそれぞれバラバラな物を選んでいると思う。
 そんな車の中に珍しい外車などが普通に走っている。フェラーリやポルシェも地方の割には走ってるなと思える。まあ群馬しか知らないのでこれが普通だと思っているのでちょっと多いのか少ないのかわからないが。
 まあそんな外車ならまだしも、驚くのは国産車の旧車だ。この間もカローラレビンの相当古いのを観たし、サミーの古いのも見た。良くこんなの走ってるなぁと思うくらいだ。まあ当然乗ってるのは爺さんだが、リアル映画グラントリノといった感じだ。
 あとバイクも様々なバイクが新モデル旧モデルともによく走ってる。昨日も綺麗なノーマルのKH250を見た。レストアした物だろうけど、こんな物が走ってるのはやはり土地柄ではないかと思う。というかあのKH250欲しかった。
 まあそんな様々な車が普通に走ってる群馬だけど、それが他県から見た場合価値のあることだとはまるで思わなかったわけだ。とは言ってもこの本で書かれてた事なのでちょっと手探りな感じではあるが、珍しい車が群馬には走ってると言う事でまとめようかと。ただ昔はスポーツカーがもっと走ってたんだけど、時代の変化か最近はなかなか見る機会が無くなった。昔は毎日聞いてたブローオフバブル音なんてもう聞かなくなったなぁ。

気になる株価材料
伊藤園・資生堂、動物実験廃止へ…欧米に配慮
ネット検索で「重病だ」と思い込む 「グーグル症」患者が医者困らせる
タモリのNHK冠番組『ブラタモリ』が終了半年で復活 10月よりシーズン2
カミソリ シックVS.ジレット 潤い・値下げ シェア争い過熱
日本人駐在員との給与格差「50倍」やり玉 中国ホンダ系工場スト
VWポロはHV並みのガソリン車「まだまだ燃費よくなる」
<スペイン>国債格下げ「ダブルAプラス」に
NY株は反落、スペイン格下げや弱い指標が圧迫
「タブレット戦争」幕開け iPad追撃 デルなど投入計画
JALホテルズ オークラに売却 経営再建へ最終調整
ドイツは空売り禁止の恒久化を計画=連邦金融サービス監督庁

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-