FC2ブログ

ワンダースワンとグンペイ発見。

朝刊
07 /18 2010
 いつも聴いてる小島慶子キラ☆キラで宇多丸さんが引っ越し中にワンダースワンとグンペイを発見してハマったという話をしてたので、僕も発掘。そして久しぶりにやってみたら面白い。さらにこのワンダースワンというハードのデザインとか部品のシンプルさに驚かされる。本当にグンペイレベルのゲームが連発してれば状況は大分違っただろうに、本命である横井軍平さんはワンダースワン発売前に事故で亡くなってしまい、バンダイは版権を握るもののゲームセンスに関しては残念なところがある。たまに面白のを作るが、出してる本数に対して出来の良いゲームが少ないので評価は低くなってしまうのだろう。
 さらにこのワンダースワンというハードは技術競争化してたゲーム業界へのアンチテーゼ的な意味合いでも横井さんが設計したハードで、技術競争して高コスト化してるゲームに対していかに発想の面白さで低コストでありながらも対抗していくかというハードである。要するに計算機液晶で色が付かない分ゲームを作るのにコストはかからないが、その代わりに面白いゲームを作らなくてはならないというハードルは無茶苦茶高くなってるわけだ。これを容易に乗り越えられるのは横井さんだけであって、他の人にそれが出来たらグラフィックやムービーに力を入れたりしなかっただろう。横井さんがいなくなってもワンダースワンを出したのが弟子の多い任天堂ならまだしもバンダイではアニメ版権のゲーム性の乏しいゲームばかりになって残念な結果になってしまう。ワンダースワンとグンペイは評価されているのでこのハードの方向性は間違ってはいないのだが、それを活かす発想力のある開発者はそうはいなかったわけだ。このハードは横井さんのようにテレビゲームが無い時代を生きて、テレビゲームの黎明期を作ってきた人でなければ無理だろう。
 結局ワンダースワンはカラー化したが、それでは横井さんの考えてた低コストでゲームらしいゲームというわけにはいかなくなってしまう。なぜケータイゲーム機がカラー化してる頃に白黒液晶の携帯ゲーム機だったのかがわかっていない。白黒液晶で枯れた技術でシンプルな機体だからこそ今でも電池を入れれば動く。カラー液晶のケータイゲーム機はバックライトが死んでいて見えなくなっていた。この問題も横井さんはわかっていて白黒液晶にしたわけだ。まさに究極のゲーム&ウォッチという感覚だったのだろう。本当にワンダースワンは惜しいハードで、安いハードのくせにボタン配置が絶妙で液晶画面を縦にも横にも使える。今世間を盛り上げているiPhoneの縦横と似た発想が詰め込まれてるわけだ。どれほど横井軍平さんの発想が時代を先駆けていたかが良くわかる。
 もしも今横井さんが生きてたら、ワンダースワンは今頃タッチパネルを導入してたんじゃないだろうか。もしくは単純で低コストが好きだった横井さんのことだから、無料携帯ゲームサイトへゲームを作っていたかも。今やケータイゲームサイトは昔有名だったゲームを入れることに躍起なっているが、横井さんならあっさり大ヒットのケータイゲームを作っていたかも知れない。ケータイならこういう操作がやりやすいから、それに適したゲームを作っていただろう。グリーとモバゲータウンに並ぶ横井軍平ゲームサイトがもしかしたらあったのかもしれない。

気になる株価材料
ガンダム基地、工費はいくら? =大まじめの見積もり公開へ―前田建設
鳩山氏が引退表明いったん撤回、結論は来春に
<iPad>村上龍さんの「歌うクジラ」を配信 出版社通さず
航空機、3分の1売却開始=ジャンボや中型計95機―日航
ウコン、醤油、トマト!? 地ビールの次は「地サイダー」人気
地銀2行が人民元口座 三菱UFJ中国法人に開設
“ヒンヤリ”商戦、この夏も熱い! 敷くだけジェルマット参戦続々
カツオ一本釣りピンチ 中国乱獲、中大型魚激減
宮崎の口蹄疫ようやく終息へ 旅館、外食など観光に深刻な打撃
ドゥカティの歴史を1枚に収録、DVD発売
静かなスタート、秋以降に懸念も=総量規制施行1カ月―改正貸金業法
二千円札、普及進まず丸10年=薄れる存在感、健闘は沖縄のみ
iPhone4の受信不調解消へ、専用ケース配布
トヨタとテスラ、EVの試作車開発で合意…ベースは RAV4
交流ゲーム、市場「攻略」 無料で躍進、新たな収益源
ホンダ、国内シビックをHV専用に トヨタ追撃、車種絞り込み
攻めに転換、2.5兆円投資 三菱商事が中計、エネ・環境強化
生保二重課税問題 過払い税金「年内還付目指す」 協会会長が表明
米シティの第2四半期純利益は前年比37%減、予想は上回る
バンカメ・メリルなど、ゴールドマンの投資判断を最高位に引き上げ
「タルボ」ブランド復活か? プジョーシトロエンの低価格ライン

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-