FC2ブログ

ジープイベントの風景

朝刊
09 /27 2010
信子「暇つぶしにスマーク伊勢崎に来たわけだけど、あのアメリカンな感じのする駐車場の一角はなんだ」
益利「ああ、ジープのイベントやってんだ。ジープと言えばクライスラーか」
信子「クライスラーって言うとアメ車かぁ。アメ車なんて乗る意味あるの?」
益利「行ってみればわかるんじゃね?」
信子「日本車の方が安いし燃費良いし、数字上ではどう考えてもアメ車のメリットってわからないんだよなぁ」
益利「お、群テレが来てる。さすが地元テレビ局」
信子「映りたくないけど、映るなら綺麗に撮られたいわ。そんなことよりジープの試乗会かぁ…ってええっ?」
益利「試乗会場がおかしいな。ネットやらシーソー台みたいのやら…」
信子「ちょ、ちょっとあれ!ものすごい角度の網をものともせずに走っていく。あ、しかもシーソーみたいなところも走って、うわっ!こわっ!横転しそう!!ってあれ平気なの…?ジープってすごっ」
益利「ジープの走破性がすごいのは頭で知ってたつもりでもリアルで見るとすごいな。やっぱりアメリカはすごいな」
信子「いやいやいや、凄いなんてもんじゃないでしょ。車ってこんな使い道もあるんだねぇ。あたしは初めて知ったよ。しかもよく見るとカッコいいし」
益利「本当にカッコいいよなぁ。日本車にはこれがないんだよなぁ、なぜだろ。しかしこの走破性って別に普段から使わないけどなぁ」
信子「何言ってんの!何か天災があって道がでこぼこになったり、山とか走ってる時に必要かも知れないじゃん」
益利「その万が一を考え始めたら買ってしまうループ思考に入るぞ」
信子「おっと。確かにそうだ。危うく次の車の候補にジープを考えるところだった。でもカッコいいねぇ」
益利「おい、こっちにクライスラーの他の車がある。カッコいいなぁ」
信子「何言ってんの。ジープならまだしも普通に走る分なら軽自動車で充分…。あら、カッコいい」
益利「やっぱり数値の性能も重要だけど、やっぱりデザインも重要だよな。というかデザインで値段が上がっててもカタログだと冷静に数字で見るけど、実物だとその判断は狂うよな」
信子「そうだねぇ。いやぁ~。参った。クライスラーなんて眼中になかったけど、一気にあたしの中でクラスラー車の株が上がったわ。高い車というか外車欲しくなる人の気持ちがわかるわぁ」
益利「日本メーカーもこういうインパクトのあるのを作って欲しいよなぁ」
信子「あーだめだめ。日本企業はデザインよりも先にコスト削減だから。攻撃的なデザイン作ってもきっと開発の段階でのっぺらぼうになってるのがオチでしょ」
益利「そこを打ち破ってほしいなぁ。今のままじゃアジアのメーカーにデザイン性が高くて低コストなデザインはこれだと言わんばかりで真似されるだけだし」
信子「もう外側だけじゃ日本車かアジアの車かわからないしね。ちょっと差別化という意味でもコストの高いデザインで日本車は高級なんだってところを見せないと、同じデザインじゃアジアで買ってもらえないよね」
益利「だから、アメ車とか欧州車はデザインが凝ってるのかもなぁ。でないと低価格だった日本車に勝てなくなっちゃうだろうし」
信子「ちょっと凝ってくれるだけでいいと思うんだけどねぇ。こうクライスラーのデザイン見ちゃうとやっぱりデザインよねぇ。このデザインで安ければまだまだ勝てるのに」
益利「それが難しいんだろうなぁ。それが出来たら、クライスラーももっと安いだろうに」
信子「えっと、値段って。ええっ!500万とか600万するのか…。あ、でもこっちなら300万や400万で安くない?」
益利「高い値段の物があると心理的にそれより安い物はお買い得に見えるよな」
信子「ああっ!数十万の軽ですら悩んでたあたしがっ!300万を安いだなんてっ!でもこのPTクルーザーは値段的にもデザイン的にも妥協できそう」
益利「300万くらいかぁ。日本車でもこれくらいするし、もうアメ車だからって高いわけじゃないんだなぁ」
信子「あたし、超金持ちになったら赤いPTクルーザー買う!」
益利「昔の成り上がりを夢見る青年みたいな台詞だな、それ」

甘すぎる産業界の楽観論 中国の石油消費急増
 原油価格が心配だなぁ。早いうちに太陽電池大量に輸入してエネルギー自給率上げるべきだなぁ。

気になる株価材料
「リーマン・ブラザーズ」看板など競売に
必要なら適切に対応、円高が日本経済に与える影響を注視=日銀総裁
中国が輸出入検査強化、通関滞るケース頻発
<APEC>食料価格や生産の安定確保必要 高級実務者会合
北米カーオブザイヤー2011…日産 リーフ がEVで初ノミネート
中国「ハイアール」日本本格上陸 安物イメージ返上できるか
東京の「世界旅行博」でピビンバが大人気!一方中国ブースは空っぽ=韓国
日本マクドナルド、売上過去最高の背景 「低価格」と「高級路線」の二刀流に手ごたえ
「甘え」「おごり」からの決別 日航再生の現場

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-