FC2ブログ

日経平均9,539.45+40.96

値上がり率ログ
10 /20 2010
15:10 10/19 2010
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 8939/東2 大和システム (株) +100.00 2
2 2318/JQ 中小企業投資機構 (株) +34.21 102
3 8702/JQ スターホールディングス (株) +33.76 317
4 9609/東1 (株) C&I Holdings +33.33 4
5 8489/JQ 中小企業信用機構 (株) +32.61 122
6 1418/JQ インターライフホールディングス (株) +28.90 223
7 3859/JQ シナジーマーケティング (株) +27.80 1,379
8 8740/JQ (株) フジトミ +26.46 239
9 6297/JQ 鉱研工業 (株) +26.18 241
10 4312/東1 サイバネットシステム (株) +20.53 23,480
11 2323/JQ (株) fonfun +17.46 222
12 9888/JQ (株) UEX +17.06 295
13 8992/マ (株) 日本レップ +16.86 34,650
14 7725/マ (株) インターアクション +13.02 19,100
15 3858/JQ (株) ユビキタス +12.60 136,700
16 6891/JQ イーター電機工業 (株) +12.37 109
17 4080/JQ (株) 田中化学研究所 +11.86 1,264
18 7491/JQ (株) オーエー・システム・プラザ +11.11 20
19 4571/マ ナノキャリア (株) +10.97 11,430
20 6334/東2 明治機械 (株) +10.53 21
21 9876/JQ (株) コックス +9.19 202
22 3209/大2 カネヨウ (株) +9.09 36
23 2134/JQ 燦キャピタルマネージメント (株) +8.42 30,900
24 6323/JQ ローツェ (株) +8.01 337
25 4784/JQ GMOアドパートナーズ (株) +8.00 27,000
26 8013/東1 (株) ナイガイ +7.89 41
27 8077/大1 小林産業 (株) +7.86 151
28 8840/東1 (株) 大京 +7.81 138
29 4838/JQ (株) スペースシャワーネットワーク +7.77 22,200
30 3741/JQ (株) セック +7.74 1,100
31 9363/大2 (株) 大運 +7.69 28
32 2471/JQ (株) エスプール +7.46 25,780
33 1819/東1 太平工業 (株) +7.45 346
34 6670/マ (株) MCJ +7.19 8,950
35 8515/東1 アイフル (株) +7.14 45
36 7647/大2 (株) 音通 +7.14 15
37 5781/大2 東邦金属 (株) +7.06 91
38 1899/東1 (株) 福田組 +7.05 167
39 2721/JQ (株) ジェイホーム +6.98 23,000
40 6495/東2 (株) 宮入バルブ製作所 +6.98 46
41 4707/JQ (株) キタック +6.82 188
42 3843/マ フリービット (株) +6.52 169,900
43 3719/JQ (株) BBH +6.35 67
44 9820/JQ エムティジェネックス (株) +6.25 119
45 6784/JQ プラネックスホールディング (株) +6.12 45,950
46 3853/マ インフォテリア (株) +6.04 51,800
47 3350/JQ ダイキサウンド (株) +6.00 1,590
48 2191/JQ テラ (株) +5.79 585
49 6852/JQ (株) テクノ・セブン +5.77 55
50 4361/東2 川口化学工業 (株) +5.56 95

BNFのウィキペディアを見てみた

朝刊
10 /20 2010
 最近雑誌でBNFを見ないなぁと思いながら、何かしら情報はないかとWikipediaを見てみた。BNFって何?って人もいるだろうけど、BNFって僕らの世代では日本一のトレーダーだろうと思われる人物で、表に出てきたのはジェイコム株誤発注事件で20億円稼いだということで一躍マスコミに引っ張り出された人物だ。どんな業界でも天才は生まれるもので、そういった流れに天才にされてしまった人とでも言えるだろう。日本は金融知識が低いためにこういった投資の天才には喝采を送る代わりに運がいい人間や金銭感覚がおかしい人間という映され方をした。彼の生活は投資家として実に合理的だし、アメリカの大投資家達もBNF的金銭感覚である。世界一の資産家にもなったバフェットもコーラが好きで無駄使いをまるでしない人物だ。BNFのカップメンとバフェットのコーラは一種のアイコンだろう。
 まあそんなわけで一時期はヒーローのように扱われテレビ取材もさんざん受けていた。しかし、最近はまるで表に出てこない。まあテレビやらマスコミなんかに出ても特なんか一つも無いから出ないことは正解だし、百億越えの資産家に対して、マスコミの対応は無職フリーターと接するかのように扱いには妙にムカついたので出ない方がいいとは思うものの、同世代のヒーローの今というのは少なからず気になるものだ。当然彼は一体今いくらくらい資産を持っているのかとかね。
 そんなわけでウィキペディアでBNFを調べてみた。まあBNFで検索すればトップで出るわけだけど、そこで面白い情報が載っていた。なんとBNFがいくつかの会社の大株主になっていたのだ。オリックスの大株主になってたのは知っていたが、それ以外にも増えていた。
 ウィキペディアではBNFが大株主になってる企業は、オリックス、JVC・ケンウッド・ホールディングス、兼松、河合楽器製作所、蛇の目ミシン工業、JUKI、リサ・パートナーズの大株主として四季報に載ってるらしい。実際に調べてみるとBNFの本名とされている名前が掲載されていた。
 さて投資とはその人の哲学が現れるものだ。こういった断片的でも大株主という強い意志が出てくるものはその人の投資に対するスタンスが強く現れると僕は思っている。当然、何かしらその人の中で大丈夫だと思えるものがあるからこそ大きな枚数が持てるわけだ。これだけの枚数になれば損切りなどはそう簡単にはできないわけだから、かなり強く買値より下がることはないという自信があるわけだ。その人の安心感を感じる何かが良く出てくる。
 では一体どんな銘柄を安心して買えるのだろうか。全体的に共通してるのは全部東証一部であることが言える。あと割安水準であるけれども、一時的な赤字に陥ってる会社だ。
 これを見るとサカキ式の榊原教授も東証一部の割安株を買う投資法ではあるが、サカキ式は赤字企業を拾わない。サカキ式はリスクを避けるために黒字の割安株を拾うのに対して、BNFは赤字でも、いや赤字だからこそ安く買える株を拾っていたように思える。BNFは買いでPERを見ないというのは本当らしい。
 これらの銘柄を見ると貪欲に安すぎる株を買っていくように見えるし、その銘柄は東証一部に限ってるようにも見える。BNFクラスなら小型株を触っていれば嫌でも大株主になっている事だろう。同じ200億クラスの竹田和平氏が小型株の大株主をいくつも名前を連ねていることからも良くわかるだろう。BNFが小型株を買って大株主にならないわけがない。と言うことは名前がないということは触ってすらいないということだろう。確かに東証一部に限った方が胡散臭い会社にあたるリスクは減るし、暴落しても多少は売る事が出来るだろう。でも大株主クラスまで買っていると言う事はそれだけ倒産する気はないと思ってることなんだろうが。まあ全体的に倒産するリスクは低そうな銘柄を買ってるのは理解できる。ただ個人的にJVC・ケンウッド・ホールディングスの製品は若い頃愛用していたし、好きな企業ではあるが復活の芽が個人的には見えないところが気になる。この銘柄に強くなれる材料を個人的に持ってないのが残念なところだ。とは言え安い所で拾っていれば利益は出てるわけだが。
 そんなわけでBNFも大株主としてアピールしてくる段階になったようだから、これから先が楽しみになってきた。日本の投資家で世界の資産家に名前を連ねるのは彼であって欲しいと思うからだ。そうなれば少しはこの国の人間も投資家というものへの偏見も少しは尊敬に変わってくれるのではないかと願いたい。
 安いものなら病的に買っていくというのなら、ジェイコム株に40億突っ込んだ流れは理解できる。まさに現代のアカギとでも言うべきか。個人的にはBNFには一冊くらい本を作って欲しいものだ。

気になる株価材料
中国、0.25%利上げ=20日から実施
遠のくデフレ脱却 日銀、来年度の物価上昇率予想を下方修正へ
ネット利用者、20億人突破へ=携帯メールは毎秒20万通―国連機関予測
ネットでラジオ楽しめる「ラジコ」、12月から本格運用開始
楽天、中国でショッピングモール「楽酷天」オープン、約2000店が出店
“Groupon系”サービスまとめサイト「グルーポンなう」がリニューアル……ポイント制導入やクーポン絞込み機能など
Apple、第4四半期決算も過去最高の売上高203億ドル
ゲームオン、『電脳コイル』の商品化権の使用許諾を締結 ― ブラウザゲーム『電脳コイル Online(仮)』開発
メガバンク、4000億円規模=日銀の成長基盤貸し出しの申し込み
レアアース輸出規制は「環境保護」…中国が反論
ソーラーフロンティアとIBM、レアメタルを使わない太陽電池セルの共同開発へ
バーゼルIII、流動性カバレッジ比率も段階的導入に緩和=バーゼル委
東京製鉄が11年3月期利益予想を8割削減、需要減などで
「総合取引所構想」実現に一歩 東穀取と東工取が統合に向け協議入り
出版不況も関係なし 幻冬舎が業績上方修正、当初見通しから利益倍増

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-