FC2ブログ

日経平均9,159.98+5.26

値上がり率ログ
11 /03 2010
15:10 11/02 2010
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 4798/東2 (株) エル・シー・エーホールディングス +50.00 3
2 7843/JQ (株) 幻冬舎 +22.73 216,000
3 3734/マ (株) エム・ピー・ホールディングス +21.15 40,100
4 5856/東2 (株) 東理ホールディングス +18.75 19
5 8922/マ (株) ジアース +17.07 4,800
6 6974/東2 日本インター (株) +16.67 133
7 6927/東1 ヘリオス テクノ ホールディング (株) +16.29 207
8 1994/JQ 高橋カーテンウォール工業 (株) +14.13 210
9 3752/JQ (株) ワイズマン +12.90 38,950
10 9838/JQ RHトラベラー (株) +12.28 128
11 4309/JQ (株) スパイア +11.19 149
12 8426/マ ニッシン債権回収 (株) +10.87 653
13 2684/JQ (株) ジパング・ホールディングス +10.83 5,270
14 4566/マ (株) LTTバイオファーマ +10.10 10,680
15 2497/マ ngi group (株) +9.41 20,240
16 7474/東2 (株) ジー・ネットワークス +8.47 64
17 2162/JQ 日本マニュファクチャリングサービス (株) +8.46 59,000
18 8925/マ (株) アルデプロ +8.37 660
19 4289/JQ (株) ビジネストラスト +8.25 21,000
20 2766/マ 日本風力開発 (株) +7.54 85,600
21 6786/マ (株) リアルビジョン +7.33 16,100
22 7732/東1 (株) トプコン +7.27 354
23 1885/東1 東亜建設工業 (株) +7.14 75
24 2432/東1 (株) ディー・エヌ・エー +6.90 2,293
25 5969/大2 (株) ロブテックス +6.67 96
26 2725/JQ アイ・ティー・エックス (株) +6.62 45,100
27 8702/JQ スターホールディングス (株) +6.38 200
28 4657/JQ (株) 環境管理センター +6.35 201
29 6448/東1 ブラザー工業 (株) +6.32 1,094
30 4766/マ (株) ピーエイ +6.15 69
31 3360/東1 シップヘルスケアホールディングス (株) +5.96 871
32 9845/東2 (株) パーカーコーポレーション +5.92 179
33 9311/東2 アサガミ (株) +5.86 289
34 8894/大2 (株) 原弘産 +5.71 37
35 2145/JQ データリンクス (株) +5.70 55,600
36 3060/マ マガシーク (株) +5.61 56,500
37 7719/東2 (株) テークスグループ +5.56 19
38 8113/東1 ユニ・チャーム (株) +5.48 3,275
39 3352/JQ (株) バッファロー +5.45 58,000
40 3777/JQ TLホールディングス (株) +5.31 1,349
41 6817/東1 スミダコーポレーション (株) +5.31 734
42 8924/東1 (株) リサ・パートナーズ +5.29 35,800
43 8489/JQ 中小企業信用機構 (株) +5.10 103
44 5929/東1 三和ホールディングス (株) +5.09 227
45 3038/大2 (株) 神戸物産 +5.08 1,677
46 2924/JQ イフジ産業 (株) +4.96 402
47 4552/大2 日本ケミカルリサーチ (株) +4.88 989
48 6659/JQ (株) メディアグローバルリンクス +4.86 36,700
49 3092/マ (株) スタートトゥデイ +4.85 259,600
50 7443/JQ 横浜魚類 (株) +4.85 346

価格は「需要」と「供給」、それに「人気」

朝刊
11 /03 2010
 久しぶりに目から鱗が落ちる記事を読んだ。滅多に証券会社のブログなんて読まないが、ふと読んだエース交易のブログ記事「希少でも、誰も買わないものは・・・」を読んだらさ、凄いことが書いてあった。
 価格は需要と供給が決める。それはとても基本的なことだし、当てはまることは多い。よく需要曲線や供給曲線の図を思い浮かべるだろう。しかし、世の中にはこの教科書的な理屈が当てはまらない事が多い。需要と供給の関係では、供給量減れば自然と需要が上がり価格は上昇する。当たり前のような気もするが、しかしその通りではオンリーワン商品と言うものは供給量が全く無いのだから、全て高値で無ければおかしいことになる。しかし世の中そうはなっていない。下手くそな手作り人形が例え一品物でも高値がつくわけがない。それは例外というのは簡単な事だが、イレギュラーな事を全て例外で片付けていたら理論その物がおかしいことになる。そんな長年悩まされていたその答えがこの記事に書かれていたのだ。
 この記事を書いてる人と話した投資家が言っていたことらしいのだが、どんなに数が少なくてもレアな物でも人気が無ければ値段は上がらない。反対に市場に大量にある物でも人気があれば価格は上がっていくと言う。買い手が価格を作るのであって売り物の量は関係無いのだ、と。
 要する需要増が価格上昇をさせるのであって、供給量の少なさは価格形成には関係無いのだ。逆に価格上昇が供給量を上昇させるが時間的にズレが起きる。
 まず価格には需要ありきだということだ。そして、その価格が供給を増やす。需要供給曲線の図を見ていると、供給量が減れば価格が上がるように錯覚してしまうが、よくよく考えれば供給量が少なくても価格が安い物などいくらでもあることに気付く。それはその商品が少なくても人気が無いからだ。人気のない物はどんなに供給量を絞っても値段は上がらない。当たり前の事だが需要供給の常識に囚われてしまうとその当たり前が例外だと思ってしまう。この記事の人が言っているように、価格の上昇には供給側にはなんの決定権が無いのだ。価格を決めるのはただただ需要のみ。これは重要な事だ。価格は需要が始まってから供給の問題が発生するのであって、供給側が需要も無いのに絞っても価格は上がらない。さらに供給側は需要につられて供給量を増やすが、需要側は供給量が充分になるまで時間はかかるし、供給量が増える前に需要は激減したりする。○○ダイエットなどの需要もそうだろう。一時期一気に需要は増えるが、供給量と関係無く需要は冷めたりする。では供給量を下げたところで価格は上がるとかと言えば上がらないだろう。供給には価格決定権がないのだ。
 これを理解すると、割安放置株の理由が全て理解できる。割安株には売り物がまるでない物もある。供給量が激減してるのにも関わらず価格は高騰しない。売り値と買値が乖離してるから、気まぐれな買い手と気まぐれな売り手がたまに出ると価格は乱高下する。しかし、高騰という事にはならない。なぜか。それは需要が無いからだ。需要が価格を決定する以上、供給量をどんなに絞ろうが価格は上がらないわけだ。そんなわけで割安株がなかなか値段が上がらないのはそんな需要が増えるまで待つ必要があるからだ。それに比べて、人気のある株は多少の材料でも上下にしっかり反応する。需要が存在する以上、価格が動くわけだし、どんなに売りものが多くても、需要があれば価格は上昇していく。
 まとめると、価格を決定するのは需要>供給であり、供給はその需要に振り回されてるだけにしか過ぎない。
 そう考えると商品を売るのはまず何よりも需要を作る事が需要であることが良くわかる。価格を上げようと真っ先に供給量を絞るのは愚の骨頂だ。むしろ供給を絞ったために需要が増えた時には売り物がないという事になりかねない。価格を上げたいのであれば、供給をいじることではなく、まず需要を生み出すことだ。

気になる株価材料
米中間選投票始まる、下院は共和党が大勝の勢い
TBS、純損失27億円=横浜球団は赤字拡大―9月中間
[販売戦略]ビックカメラ、茨城県に初出店、2011年春、JR水戸駅南口にオープン
レアアース輸出枠、中国が来年も削減へ
<米原油流出>三井物産への請求は1537億円 英BP
農政改革本部を設置へ、貿易自由化への方策検討
<日立製作所>海外での景気回復で黒字に転換 9月中間決算
村上龍さん、電子書籍制作・販売の会社設立へ
スズキが2011年3月期営業利益予想を上方修正、下期は慎重な見通し
1位は「食べるラー油」=今年のヒット商品―情報誌
ミシュラン第3四半期、タイヤ販売が好調
川重、2010年4―9月営業損益は209億円の黒字に転換
タカラトミー減収減益 ベイブレードは堅調
住友化学は最終黒字に転換 9月中間
ポッカと角川書店がコラボ「長門有希の珈琲」
ヒュンダイ世界販売10.4%増、海外が好調…10月実績
インドの超低価格車、ナノ が値上げ
東エレが11年3月期の業績予想を上方修正
オリックスの4―9月当期利益は前年比+69%の340億円
カシオ、25億円の最終黒字に転換
スバル富士重の通期業績見通し---北米と中国が予想以上に好調
トイザらス、2000人臨時雇用
米GMのIPO、3.65億株を26─29ドルで売却へ=関係筋
格安航空ライアンエアーの第2四半期、利益が予想下回る

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-