FC2ブログ

日経平均10,499.04-90.72

値上がり率ログ
01 /15 2011
15:10 01/14 2011
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 6672/マ (株) レイテックス +200.00 15
2 5721/大1 (株) エス・サイエンス +100.00 2
3 3271/HC (株) THE グローバル社 +25.27 1,482
4 4819/HC (株) デジタルガレージ +22.27 274,500
5 7760/HC IMV (株) +21.43 170
6 2304/HC (株) CSSホールディングス +21.39 22,700
7 2176/HC (株) イナリサーチ +19.61 61,000
8 4573/HC (株) アールテック・ウエノ +19.48 92,000
9 7928/HC 旭化学工業 (株) +18.02 655
10 4571/マ ナノキャリア (株) +17.48 47,050
11 2136/HC (株) ヒップ +17.48 33,600
12 2403/マ (株) リンク・ワン +17.15 6,830
13 3606/東1 (株) レナウン +16.91 242
14 4744/マ (株) メッツ +13.22 2,989
15 6738/HC (株) 東研 +12.33 82
16 9424/HC 日本通信 (株) +12.09 15,020
17 8515/東1 アイフル (株) +11.76 95
18 2462/東1 ジェイコムホールディングス (株) +11.71 117,300
19 6476/HC (株) 富士テクニカ +11.66 910
20 6666/HC リバーエレテック (株) +11.40 674
21 2706/HC (株) ブロッコリー +11.27 79
22 7896/東2 セブン工業 (株) +11.22 109
23 8571/東1 NISグループ (株) +11.11 10
24 4369/HC (株) トリケミカル研究所 +10.93 345
25 3715/東1 (株) ドワンゴ +10.78 216,800
26 4987/東2 (株) 寺岡製作所 +10.75 443
27 4098/東1 チタン工業 (株) +10.64 447
28 5217/HC テクノクオーツ (株) +10.26 430
29 3376/HC (株) オンリー +10.04 37,800
30 8574/東1 プロミス (株) +9.82 671
31 7707/HC プレシジョン・システム・サイエンス (株) +9.66 43,700
32 6428/東1 (株) オーイズミ +9.28 365
33 8572/東1 アコム (株) +8.74 1,431
34 2174/マ GCAサヴィアングループ (株) +8.68 121,400
35 2159/マ (株) フルスピード +8.56 57,100
36 2493/HC イーサポートリンク (株) +8.50 60,000
37 6897/東2 ツインバード工業 (株) +8.40 284
38 4003/東1 コープケミカル (株) +7.83 124
39 9318/東2 アジア・アライアンス・ホールディングス (株) +7.69 14
40 7711/HC 助川電気工業 (株) +7.66 520
41 2497/マ ngi group (株) +7.56 32,000
42 6668/マ (株) アドテック プラズマ テクノロジー +7.45 173,000
43 4404/東1 ミヨシ油脂 (株) +7.35 146
44 2479/HC (株) ジェイテック +7.33 24,000
45 8029/東1 (株) ルック +7.30 147
46 5358/大1 イソライト工業 (株) +7.22 104
47 6656/マ インスペック (株) +7.20 43,950
48 6279/大2 (株) 瑞光 +7.18 1,478
49 3077/HC ホリイフードサービス (株) +7.16 599
50 9982/東1 タキヒヨー (株) +7.06 440

割安株も損切りしないといけない理由

朝刊
01 /15 2011
 割安株は安いのだから損切りなんて必要ないかと思いがちだが、割安株でもリスクはある。どういう事かと言うと、割安で買った株が買値よりも下げてしまった。買値がPBR0.5で5万円だったとしよう。それがPBR0.2の2万円まで下がったとする。割安だからそのうち戻るだろうと持っていたとする。確かに割安でPBR0.5なら戻る可能性は高い。しかし、割安株の怖いところはその安さからTOBの対象になるところだ。小型株のTOBなら時価の1.5倍あたりだろうから、PBR0.2の2万円の1.5倍でTOBされるとPBR0.3の3万円と言うことになる。そうなると、割安であるはずのPBR0.5で買ったのに、0.3で売る事になる。当然売らない選択もあるが、TOBと同時に上場廃止もあった場合、資産がロックされるよりは売ってしまった方がいいだろう。そうなると割安株でありながらも損切りをしなければならないわけだ。
 そんなわけでどんな株もリスクが無いわけじゃないと言う事で。割安株も損切りしないといけない状況があるわけだ。やはり損切りは重要なわけだ。

気になる株価材料
<ダイハツ>13年に欧州市場撤退へ 販売台数低迷などで
米インテル第4四半期業績は予想上回る、今四半期も堅調な見通し
三洋、マイクが飛び出し指向特性を高めるリニアPCMレコーダー「Xacti」
伊勢丹とアナスイ、Twitterで商品アイデアを募集……日本本格上陸15周年記念プロジェクト
デジタルガレージとIIJ、企業向けサービスで事業連携
ダイキン、空調で今年度世界一に
12月米小売売上高は6カ月連続増、予想には届かず
米JPモルガンの第4四半期は予想上回る増益
<自賠責保険>2段階で保険料値上げ 11年度12%で調整
中国が預金準備率を50bp引き上げ、インフレ阻止姿勢を鮮明に
高木商事などパチンコ店3社破産 入店客減少、負債計114億円
生活に「ゆとりなし」51% 賃金・雇用に不安
プロパスト、決算短信で「継続企業の前提」注記が解消

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-