FC2ブログ

日経平均9,459.66+105.34

値上がり率ログ
06 /22 2011
15:10 06/21 2011
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 3323/HC レカムホールディングス (株) +25.00 2,500
2 8783/HC グラウンド・ファイナンシャル・アドバイザリー (株) +21.07 21,200
3 3042/HC (株) セキュアヴェイル +21.07 17,240
4 4695/東2 (株) マイスターエンジニアリング +20.00 480
5 2488/HC 日本サード・パーティ (株) +18.80 63,200
6 5974/東1 中国工業 (株) +18.60 102
7 1898/東1 世紀東急工業 (株) +18.33 71
8 6250/東1 (株) やまびこ +17.74 989
9 3043/HC モジュレ (株) +17.54 33,500
10 4288/HC (株) アズジェント +17.39 67,500
11 4686/HC (株) ジャストシステム +15.20 197
12 3622/マ ネットイヤーグループ (株) +14.79 90,800
13 8520/東2 (株) きらやか銀行 +13.33 85
14 3779/HC ジェイ・エスコム ホールディングス (株) +13.33 17
15 3266/HC (株) ファンドクリエーショングループ +11.27 158
16 9898/HC (株) サハダイヤモンド +11.11 40
17 8704/HC トレイダーズホールディングス (株) +10.80 2,770
18 4651/東1 (株) サニックス +10.37 415
19 6624/大2 田淵電機 (株) +10.24 280
20 3827/マ ジャパンインベスト・グループ・ピー・エル・シー +9.74 4,395
21 2751/HC (株) テンポスバスターズ +8.87 58,900
22 2148/マ アイティメディア (株) +8.86 295
23 6373/東1 大同工業 (株) +8.84 160
24 3851/HC (株) 日本一ソフトウェア +8.70 83,700
25 5279/HC 日本興業 (株) +8.70 125
26 6247/東1 (株) 日阪製作所 +8.51 1,007
27 6297/HC 鉱研工業 (株) +8.45 372
28 4680/東1 (株) ラウンドワン +8.32 586
29 8713/東1 フィデアホールディングス (株) +8.12 173
30 7961/東1 兼松日産農林 (株) +8.11 160
31 5234/東1 (株) デイ・シイ +8.06 228
32 9610/HC ウィルソン・ラーニング ワールドワイド (株) +7.96 122
33 8066/東2 三谷商事 (株) +7.81 1,160
34 6306/東1 日工 (株) +7.47 302
35 6812/HC (株) ジャルコ +7.14 15
36 4968/東1 荒川化学工業 (株) +7.14 750
37 2289/HC 相模ハム (株) +6.98 46
38 6322/大2 (株) タクミナ +6.96 599
39 6217/東1 津田駒工業 (株) +6.95 200
40 2427/HC (株) アウトソーシング +6.79 472
41 6923/東1 スタンレー電気 (株) +6.60 1,389
42 9661/東2 (株) 歌舞伎座 +6.56 3,980
43 8616/東1 東海東京フィナンシャル・ホールディングス (株) +6.53 212
44 1873/HC 東日本ハウス (株) +6.51 229
45 6144/東2 西部電機 (株) +6.40 366
46 3826/マ (株) システムインテグレータ +6.37 71,800
47 2146/HC UTホールディングス (株) +6.36 70,200
48 1919/東1 エス・バイ・エル (株) +6.35 67
49 9913/HC 日邦産業 (株) +6.34 436
50 3237/マ (株) イントランス +6.32 20,200

ランボー2すごい!!

朝刊
06 /22 2011
 人生において観てないといけない映画と言えばロッキーですが、そのロッキーで有名なシルベスター・スタローンのもう一つの有名作であるランボーを観ずにここまで来てしまっていた。あの頃の映画というのは僕らの世代だと子供の頃に観てたり、テレビでパロディやってたりとなんとなく知ってるような気がしていて、案外しっかりと観てないと言うことが多い。
 映画の有名作が多い80年代を子供で過ごしていた僕らはもしかすると「映画知ったかぶり世代」なのかもしれない。タイトルの知ってる内容も何となく知ってる。だからもう一度見直すにはちょっと抵抗もあるので新作を観てしまう。これで全く知らないのであれば観ることに抵抗はないのだろうが、なまじ中途半端に知ってるわけで有名タイトルでもきっと「名前は知ってるけど…。どんな内容だっけ?」なんて人が多いに違いない。僕らより下の世代ではもしかすると80年代映画のタイトルすら知らないかもしれない。ただ未だにナンバリングで続く映画が公開するので名前は知ってるけど、完全に一作目は知らないけど興味がない世代とでもいうのだろうか。きっとそういう若い子が多いのではないかと思う。何かと作品の続編が乱発が多いし、漫画も長期連載の為に過去から続いてるようだけど、過去に興味を持とうにも結構過去が長いのでめんどくさい感覚とかあるんじゃないだろうか。
 まあ、そんなのはどうでもいいとして、要するに僕はランボーシリーズを改めて一作目から最新作の4まで観たわけだ。何となくランボーはテレビ映画観てたような気がしたが、改めて観て思ったのが僕の記憶のランボーとまるで違っていたことだ。
 まずランボー1は戦争帰りの兵士が地方の警官に舐められて、警察を山のゲリラ戦でやっつけてしまうと言う物語だった。これは当時の帰還兵バッシングへの反発を映画にしたような内容だった。帰還兵バッシングという感覚がなければちょっとランボーの怒りが伝わってこないかも知れないが、この映画のゲリラ戦がものすごい。ベトナム仕込みのトラップやら身の隠し方やら見事だった。しかし、ちょっと映画としては物足りなさを感じる。
 しかし、ランボー2はまるで違った。ランボー1で逮捕されたランボーが強制労働させられていたが、ベトナムへ捕虜の存在を確認する任務を受けてベトナムへ行く内容だ。この作品で部隊が本当に戦場になり、過酷な任務やヒロインも出てきて、物語としての厚みがかなり増す。作戦も過酷だが、この作戦の裏の意味にランボーは翻弄されて捕虜になったり、脱出をしたりとハラハラドキドキ感もかなり完成されている。というか現代の戦争潜入物の映画のフォーマットになっていると言っても過言ではないだろう。ゲームのメタルギアソリッドもこのフォーマットだ。
 ランボーというとどこか派手に銃をぶっ放してるようなイメージがつきまとうが、実際のランボーはまるで逆でドロの中に隠れていて通り過ぎる兵士を殺したり、草の中に隠れて殺したりと発見されるまではまるで必殺仕事人のような展開だ。映画でも観てる人が驚くところにランボーが隠れてたりとか、あれは本当に驚く。さらに愛用の弓矢は音がしないから使っているらしいが、矢尻に爆弾を付けた弓矢はものすごい派手でカッコいい。それに今と違って爆発が本物のためにやはり爆発にリアリティがある。今ではランボー2のような映画はもう作れないだろう。もしも予算があってもきっとCGで作ってしまうだろう。技術があるためにもうランボー2のような映画を作れなくなってしまうわけだ。そう言った意味でもこのランボー2は価値があるだろう。
 とにかくこのランボー2は今観ても全然面白い内容だし、ランボーを知らないのであればまずこのランボー2だけを観て欲しい。これで気に入ったら他のシリーズも観たらいいだろう。特に最新作の最後の聖戦は人が死ぬシーンは本当にものすごい。そんなわけでランボーを観てない人はぜひ観ておくと良いだろう。

コカ・コーラシステム、80年代に人気「メローイエロー」など再登場
 メローイエロー子供の頃好きでいつも飲んでたけど、味が思い出せないなぁ。発売したら絶対に買うね。そう言えばスプライトも無くなってたのか。

気になる株価材料
緊急経済対策に1150億円=ギリシャ再生を支援―EU
東証の取引時間延長を11月21日から実施=斉藤社長
関電株下落で大阪市、思わぬ損…590億目減り
トヨタ、期間工を大幅増員
ハイボール缶、出荷1億本突破…サントリー
<みずほFG>株主から批判や責任追及の声 システム障害
羽田国際ターミナル再拡張へ…発着枠9万回に
TDK、12年3月期は増収増益見通し 最終利益は500億円見込む
中国人富裕層が世界を買う…日本の不動産も中国人に人気
シャープとリクシル、8月1日に省エネ建材の新会社を設立
<三菱重工>部品検査を不正省略 航空機などの1600種類
<宮崎県>世界最大級工場で注目される産学官民一体の太陽光発電拠点作り
ツイッターで発信強化=原発、英語情報を新設―東電
博多に巨大ファストファッション館 9月、キャナル隣りに5ブランド
フェイスブック、11年米オンライン広告収入でトップに=調査会社
米キャタピラー、3─5月の世界販売店建機売上高の伸び鈍化
高すぎ…原発輸出つまづき、アレバ社CEO更迭
宇部興産、カーボンナノチューブ量産

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-