FC2ブログ

日経平均9,678.71+81.97

値上がり率ログ
06 /25 2011
15:10 06/24 2011
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 6793/東1 山水電気 (株) +100.00 2
2 5721/大1 (株) エス・サイエンス +50.00 3
3 9905/HC (株) コージツ +34.09 118
4 4736/HC 日本ラッド(株) +28.51 284
5 3856/マ リアルコム (株) +22.54 21,750
6 3042/HC (株) セキュアヴェイル +20.51 23,500
7 4776/東1 サイボウズ (株) +20.31 23,690
8 9378/HC ワールド・ロジ (株) +18.35 4,515
9 3011/東2 (株) バナーズ +14.29 8
10 1789/HC 山加電業 (株) +13.89 328
11 6297/HC 鉱研工業 (株) +12.44 470
12 4064/東1 日本カーバイド工業 (株) +11.11 200
13 5906/HC エムケー精工 (株) +11.00 222
14 3370/HC (株) フジタコーポレーション +10.59 47,000
15 2133/マ (株) GABA +10.59 115,900
16 4335/HC (株) アイ・ピー・エス +9.93 31,000
17 5852/東2 (株) アーレスティ +9.18 642
18 9898/HC (株) サハダイヤモンド +9.09 36
19 4222/東2 児玉化学工業 (株) +8.57 76
20 9113/東1 乾汽船 (株) +8.42 399
21 6445/東1 蛇の目ミシン工業 (株) +8.06 67
22 9675/東1 常磐興産 (株) +8.00 81
23 4998/東2 フマキラー (株) +8.00 378
24 7833/マ (株) アイフィスジャパン +7.81 26,500
25 3758/HC (株) アエリア +7.74 83,500
26 2492/マ (株) インフォマート +7.58 151,800
27 3553/東1 共和レザー (株) +7.41 290
28 2338/マ セブンシーズ・テックワークス (株) +7.33 16,100
29 9132/東1 第一中央汽船 (株) +7.30 147
30 3350/HC (株) フォンツ・ホールディングス +7.24 8,440
31 4401/東1 (株) ADEKA +7.07 772
32 7148/HC (株) FPG +7.00 2,782
33 8992/マ (株) 日本レップ +7.00 53,500
34 3731/マ (株) 京王ズホールディングス +6.97 45,300
35 2437/HC シンワアートオークション (株) +6.74 41,200
36 7399/HC (株) ナンシン +6.67 176
37 6731/東1 (株) ピクセラ +6.67 240
38 9755/東1 応用地質 (株) +6.65 834
39 6413/東1 理想科学工業 (株) +6.45 1,304
40 6775/東2 東和メックス (株) +6.38 50
41 6101/東1 (株) ツガミ +6.33 470
42 8237/東1 (株) 松屋 +6.28 440
43 8848/東1 (株) レオパレス21 +6.14 121
44 1408/HC サムシングホールディングス (株) +6.06 161,000
45 2654/大2 シンワオックス (株) +6.06 35
46 6962/大1 (株) 大真空 +5.90 431
47 6745/東1 ホーチキ (株) +5.90 395
48 6838/HC (株) 多摩川ホールディングス +5.88 216
49 9305/東1 (株) ヤマタネ +5.88 126
50 4347/HC ブロードメディア (株) +5.74 129

コメ先物上場か!

朝刊
06 /25 2011
コメ先物7月末に72年ぶり上場 消費者にも価格形成「わかりやすく」
 日本の投機市場において歴史もありドラマもあったコメ先物がとうとう再上場される。相場師研究の鍋島高明先生がその著書で何度も待望していたコメ先物がとうとう現実のものとなる。これは日本相場史において快挙といっても過言ではないだろう。その再上場が72年ぶりというところからどれだけ長いこと無かったかが窺える。日本相場史を調べれば数限りなく出てくるコメ先物だが、そのコメ先物が無くなった年に産まれた人でも72歳になってるわけだ。どれだけ長いこと日本が生みだし培ってきた先物取引を日本が失っていたかがわかる。ローソク足など現代では当然のように使われてるチャートも米相場から生まれたものだ。本当に日本は相場に関して無関心過ぎるわけだ。米相場から大相場師が生まれ、その相場師が作った企業が大企業になりみんなが勤めてるわけだ。そういう意味では職があるのはコメ先物のお陰とも言えるだろう。このコメ先物が大相場になるかどうかは上場してみないとわからないけど、本来あるべき日本の相場環境に戻ったことは喜ぶべき事だろう。

気になる株価材料
小笠原諸島が世界自然遺産に決定…国内4件目
<EU>首脳会議でクロアチアの加盟承認 28カ国体制へ
ナカバヤシ、水を入れると動作する単3電池
「シティーハンター」最初で最後のフィギュア化!?「もっこりリョウちゃん」の完全再現に原作者も感心!
ジェームズ・キャメロン監督、『アバター』の続編について語る!続編2作は映画3作分の内容!
ソフトバンク、発電参入…自然エネルギー普及へ
ニトリHDが今期営業益予想を16%引き上げ、市場予想上回る
自動車部品、前3月期は大幅増益=今期は非鉄高騰に懸念―業界団体
アウディ A1、デビュー1年で10万台生産
新規上場の伊プラダは1.3%上昇、初値は公開価格と一致=香港市場
日本トリムが6万株・2.5億円上限に自社株買いへ、発行株の1.38%
荏原、自己株3652万株を消却へ

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-