FC2ブログ

デスノート the Last nameの風景

朝刊
01 /30 2012
信子「ええっ!マジで?こんなラストだったの?デスノートthe Last nameって!知らなかった。っていうかあたしこれテレビで観たような気がするけど、このラストは放送してなくない?」
益利「いやオレはテレビ放送観てなかったけど、ラストは漫画とは違うんだな。というか個人的にはこっちの方がしっくりくる」
信子「そうよね。漫画で連載してた時、キラとLの対決はキラの勝利だったけど、その後の話がそれまでの神懸かった物語とはまるで違って、蛇足感のある話だった。それにLが最後に何も一矢報いず死んじゃったのは納得いかなかったもんねぇ。いやぁ、このサブタイトルのthe Last nameって何かと思ったけど、見事なサブタイトルだわ。切り札のエースがLの本名で、まさにこのLの名前の使い方でキラと相打ちに持っていった。これこそLだわ。長い時間が経ったけど、やっとデスノートの気に入らなかった部分の溜飲が下りた。つーかこの展開部分まで放送したら放送時間が相当超過してしまうわよね。もしかしたら、テレビではLが倒れたところで終わったのかも。そっちの方が漫画を知ってる人は流れに沿った終わり方だし。まさかLが生きてたなんて展開はド肝を抜くわ」
益利「レムがLの名前を書いて死ぬことを予測したLは自分の名前をデスノートに書き込んで、死亡日時も限界まで延ばして書いたお陰で、先に書かれたデスノートが優先されてレムの書き込みがキャンセルされたのは見事だった」
信子「でもそれだけだと、海砂の寿命が延びることが無いから本来ならレムは砂になることは無かった。だけど、レムはワタリの名前を書いたせいで海砂の寿命が延びて砂になったんだろうね。あとあと、キラである月の命を最後に奪ったのはリュークって言うのが良かったわ。因果応報というか結局死神に弄ばれて死んだ感じが教訓っぽくて良いし、何よりこのキラ騒動の元凶はリュークが撒いた種なんだし、その種を刈るのは当然リュークって気がしてたし。いやぁ、デスノート映画の前編観た時は漫画をそのままトレースして、そんな目新しくも無かったけど、この後編のラストは本当に良かった」
益利「まあ、映画が良かったと言うよりも、漫画の方がジャンプ漫画らしく人気のせいで落としどころを見失ってたんだろうな。あの漫画はこの映画の終わり方で終わらせておけば、本当の傑作だっただろうに」
信子「L死後の漫画デスノートは本当に残念だったよねぇ。つーかデスノートの存在が認められた世界の話ってもうリアリティが無いというか、ファンタジーじゃん。もうどんなに辻褄合わせようとしても寒いし、やっぱりLほどの強敵感も無かったし、無駄に続けたせいでキラの最後も色んな流れの為にあんな最後だし。個人的にはデスノートで始まったキラはデスノートで死ななければならないのよ。しかもリュークのノートで。だから、この映画デスノートthe Last nameのラストは見事だし、このラストでのLの自分の命をあっさり捨て駒にして勝ちを取るところなんかLらしい。しかもキラを倒す為に必要なキーとしてLの本名がある。このthe Last nameっていうサブタイトルにはLastのLはLとかかってるし、デスノートに最後に書かれる名前っていう意味もあるわけでしょ。そのデスノートに書かれる最後を飾る名前がリュークのノートに夜神月って書かれるのがウマいというか。なんかデスノートの評価があたしの中でかなり上がったわ」
益利「しかし、久しぶりに観たけど、夜神月の頭の良さはスゴいな。しかも社会に出ないで純粋培養された優等生なりの潔癖症の気持ち悪さとか改め気持ち悪いというか」
信子「世の中の底辺を見てきたあたし達にはあそこまで虫けらみたいに容疑者を裁けないわね。何より冤罪のリスクもあるし、そこまで警察を信用できてないし。でも、警察官僚の息子で頭が良く、勉強すればいいと社会と触れ合わないで育てられたら、ああなりそうよねぇ。てかいっぱいいそうだけど」
益利「そんな夜神月がLにお前はこんな部屋に閉じ籠もっていて外を知らないからどうの、とか叫ぶシーンとかなぁ。Lの方が表に出てないけど、どこか社会を理解してるというか自分の立ち位置って言うのを理解してる反面、夜神月が幼稚な理想社会を抱いて、社会の深いところまで知らないのに幼稚な正義で神を気取ってるところが子供っぽいのが、受験戦争の優等生感が良く出てるよなぁ」
信子「あんな余裕綽々な人生で退屈だったから、キラをしてるところにLという敵が出てきて、退屈な人生が楽しくて仕方なかったんでしょ。頭が良いのにどこか幼稚ってこの国の優等生らしいわねぇ。バイトしないからそうなるのよ」
益利「そりゃ二宮金次郎像も撤去されるよな」
信子「本当にこの国の優等生って働かないわよねぇ。受験の評価に学生時代に稼いだ額を書く欄とか作ればいいのよ。当然働いた企業から支払い給料総額の証明書をもらって。働かないで受験勉強だけしてた人間を評価すること自体時代後れよ。それこそ第二第三のキラを生むことになるわ!キリッ」

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-