FC2ブログ

日経平均12,634.54+272.34

値上がり率ログ
04 /05 2013
15:10 04/04 2013
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 2480/HC システム・ロケーション (株) +25.16 398
2 4824/マ (株) メディアシーク +25.06 25,200
3 4664/HC (株) アール・エス・シー +24.46 407
4 4570/HC (株) 免疫生物研究所 +21.31 28,460
5 3248/マ (株) アールエイジ +19.38 92,400
6 4585/マ (株) UMNファーマ +18.42 4,500
7 3250/HC (株) エー・ディー・ワークス +18.42 32,150
8 3264/HC (株) アスコット +18.11 150
9 3236/HC (株) プロパスト +17.86 6,600
10 8903/HC (株) サンウッド +17.16 1,024
11 4574/東1 大幸薬品 (株) +16.89 1,038
12 3277/HC (株) サンセイランディック +16.85 645
13 4274/HC 細谷火工 (株) +16.78 348
14 4644/HC イマジニア (株) +16.36 1,067
15 3815/マ (株) メディア工房 +16.30 107,000
16 8515/東1 アイフル (株) +15.95 727
17 7625/東2 (株) グロ-バルダイニング +14.74 218
18 8737/大2 あかつきフィナンシャルグループ (株) +13.73 1,019
19 7963/HC 興研 (株) +13.20 2,435
20 4681/東1 リゾートトラスト (株) +11.79 2,948
21 7980/HC (株) 重松製作所 +11.56 1,081
22 8589/大1 (株) アプラスフィナンシャル +11.31 187
23 3230/HC スター・マイカ (株) +11.05 935
24 9671/東1 (株) よみうりランド +10.87 653
25 6262/東1 ペガサスミシン製造 (株) +10.70 300
26 5807/東1 東京特殊電線 (株) +10.68 114
27 8893/HC (株) 新日本建物 +10.53 84
28 7532/東1 (株) ドン・キホーテ +10.37 4,630
29 8830/東1 住友不動産 (株) +10.33 4,165
30 8739/HC スパークス・グループ (株) +10.30 22,700
31 8585/東1 (株) オリエントコーポレーション +9.69 317
32 7230/東1 日信工業 (株) +9.52 1,737
33 4519/東1 中外製薬 (株) +9.46 2,325
34 6208/東1 (株) 石川製作所 +9.26 118
35 8944/東1 (株) ランドビジネス +9.03 797
36 6888/HC アクモス (株) +8.94 16,450
37 8889/HC (株) アパマンショップホールディングス +8.88 4,720
38 2191/HC テラ (株) +8.80 1,570
39 8793/東1 NECキャピタルソリューション (株) +8.71 2,595
40 5809/東1 タツタ電線 (株) +8.64 553
41 7717/東1 (株) ブイ・テクノロジー +8.59 311,000
42 8339/東1 (株) 東京都民銀行 +8.57 1,165
43 8927/HC (株) 明豊エンタープライズ +8.54 178
44 8998/マ SBIライフリビング (株) +8.53 350,000
45 8524/東1 (株) 北洋銀行 +8.50 319
46 6946/東2 日本アビオニクス (株) +8.39 168
47 4516/東1 日本新薬 (株) +8.30 1,422
48 7161/東1 (株) じもとホールディングス +8.23 250
49 6203/東1 豊和工業 (株) +8.11 120
50 7105/東1 ニチユ三菱フォークリフト (株) +8.08 388

株あげてんな

朝刊
04 /05 2013
 また上げてる。もう波瀾万丈だねぇ。なんか読みづれ。
 そういやぼんやり考えてたんだけど、中央集権って福祉に向いてないんじゃないだろうか。日本は徹底した中央集権でそのメリットを活かして成長してきたのは事実だ。しかし、中央に権力が集まりすぎてしまうと、地方自治レベルでの決定権がそがれてしまう。そうすると待機児童とかいても地方自治はどうにかしたいと思ってもすぐに対策を打てないわけだ。必ず上にというか東京に上げて東京の判断が必要なわけで、他にも児童以外の福祉の問題もその地方地方で問題が若干違うわけで、その地方が地元に適した形の福祉を決定しないといけないわけで、そうすると中央集権は画一的な福祉を考えてしまわなければならないので、そうした画一的な福祉という物が本当に合わない。
 まあまだぼんやりと組み立てただけだけど、中央集権での決定システムにおいて細やかな福祉を実現するのは無茶があるという結論しかでない。むしろ公共事業的な事をする上では中央集権の決定力はすごいのは認める。地方自治の決定権を奪っているのだから当然だ。そう考えると今の官僚システムが福祉よりもコンクリートの方に向いてしまうのは仕方ないのかもしれない。そっちの方がやりやすいのだから。
 福祉を手厚い国にしたいのならやはり地方分権に戻すべきだ。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-