FC2ブログ

有鄰館で演劇の風景

朝刊
05 /13 2013
信子「やっぱり有鄰館はいいねぇ。なんか癒されるわ」
益利「今日はkin・map6号車『約三十の嘘』か。なんかこういうミステリー調のはいいな」
信子「演劇観てるって感じするよね。しかし、結構面白かったし、まあ危うく見落とすところだったけど気付いて良かった」
益利「ネットではこの情報見つけるの大変だったな。でも結構な人がいたし、みんなどこで知るんだろう」
信子「まあ知る人ぞ知る感がいいんじゃないの。それに有鄰館に来たら、なんと九月から演劇際をここでやるみたいな事も知れたし、収穫はあったね」
益利「なんか境に足利に有鄰館と忙しいな、今年の九月は」
信子「暇よりはましね。ま、楽しみにしましょ」
益利「でもその頃ってもう秋だろ。気が付けばもう一年が終わるとか言ってる頃じゃね?」
信子「あー、そうね。ああもう気が付けば半年が経ってるのかぁ。時間は早いなぁ、くそー」
益利「まさに光陰矢のごとし」
信子「矢どころじゃないわよ。ああ、まあそれが人生というか、なんだろうな。楽しんだもん勝ちでしょ」
益利「まあなぁ」
信子「ああ、今年も折り返しに近づいたかぁ」

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-