FC2ブログ

日経平均13,542.37-93.91

値上がり率ログ
08 /28 2013
15:00 08/27 2013
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 2776/HC (株) クリムゾン +32.74 150
2 3785/マ (株) エイティング +22.51 1,633
3 3653/マ (株) モルフォ +21.51 2,825
4 6264/マ (株) マルマエ +21.40 85,100
5 3734/マ (株) インテア・ホールディングス +18.21 64,900
6 6659/HC (株) メディアグローバルリンクス +17.79 66,200
7 2471/HC (株) エスプール +16.81 556
8 7748/HC (株) ホロン +15.82 73,200
9 6945/東2 富士通フロンテック (株) +15.62 740
10 4771/HC (株) エフアンドエム +14.97 507
11 3799/東2 キーウェアソリューションズ (株) +14.93 770
12 3765/HC ガンホー・オンライン・エンターテイメント (株) +14.70 64,000
13 3623/マ ビリングシステム (株) +14.20 5,630
14 4838/HC (株) スペースシャワーネットワーク +13.72 118,500
15 6208/東1 (株) 石川製作所 +12.73 124
16 9501/東1 東京電力 (株) +12.26 531
17 4563/マ アンジェス MG (株) +10.52 59,900
18 4348/HC インフォコム (株) +10.03 170,000
19 6297/HC 鉱研工業 (株) +9.44 452
20 2458/HC (株) 夢テクノロジー +9.27 142,600
21 3663/東2 アートスパークホールディングス (株) +9.07 457
22 4777/HC (株) ガーラ +8.42 18,290
23 4240/HC クラスターテクノロジー (株) +8.38 109,900
24 4344/東1 ソースネクスト (株) +8.37 1,295
25 9704/東1 (株) アゴーラ・ホスピタリティー・グループ +8.11 40
26 4559/東1 ゼリア新薬工業 (株) +7.93 2,245
27 4364/東2 マナック (株) +7.30 426
28 3760/HC (株) ケイブ +7.23 89,000
29 8508/東2 J トラスト (株) +6.45 1,567
30 7707/HC プレシジョン・システム・サイエンス (株) +6.44 175,100
31 1757/東2 クレアホールディングス (株) +6.06 70
32 4576/HC (株) デ・ウエスタン・セラピテクス研究所 +5.94 820
33 4320/マ (株) CEホールディングス +5.86 1,282
34 7980/HC (株) 重松製作所 +5.69 706
35 1968/東1 太平電業 (株) +5.58 738
36 2901/HC 石垣食品 (株) +5.56 190
37 4664/HC (株) アール・エス・シー +5.43 272
38 3842/HC (株) ネクストジェン +5.42 817
39 3179/マ シュッピン (株) +5.39 1,055
40 7895/HC 中央化学 (株) +5.33 474
41 3082/東2 (株) きちり +5.10 948
42 7247/東2 (株) ミクニ +5.08 310
43 3794/東2 エヌ・デーソフトウェア (株) +5.06 1,266
44 4814/HC ネクストウェア (株) +5.00 12,600
45 3751/マ 日本アジアグループ (株) +4.88 4,515
46 1850/東2 南海辰村建設 (株) +4.88 43
47 6874/HC 協立電機 (株) +4.71 1,335
48 6619/マ ダブル・スコープ (株) +4.71 400
49 8256/HC (株) プロルート丸光 +4.63 113
50 6624/東2 田淵電機 (株) +4.51 533

市民プールの考察

朝刊
08 /28 2013
 気づけば、というか甲子園終わったらいきなり涼しくなってきた今日この頃。あの暑苦しかった夏もそろそろ終わりそう。そんなわけで市民プールに一月通って感じたことでも書いておこうかなと。
 まあ、まず地方の市民プールは空いてると言うことだ。お盆休みで実家に帰る人も多いが、帰った先でやることが無い人が多いだろう。それなら、実家に帰るついでに実家の市民プールに行けばいいと思う。なんか東京のプールって混んでるらしいし、なにより実家に帰ってもやることなんかないんだから。実家に帰ると言うよりも実家の市民プールに行くって感覚の方が目的意識もあっていいと思う。つーか利用しないと地方のプールも存在が危うい。
 あと利用者が特殊な人が多かったおかげで色々と勉強ができた。土地柄ブラジル人が多かった、と言うよりも日本人の若者の利用者が少ないのでブラジル人や他の外国人のプールの認識を観察することができた。彼らにとってのプールとは日本の風呂兼カフェやバー感覚に近い。泳ぐと言うよりも友達と話しながら涼み、日光浴を楽しむという感じだ。そういやラジオで言ってたけど、豪華客船の始まりは旅行と言うよりも金持ちが日光浴を楽しむのが目的だったとか。本当かどうか知らないけど、確かに外人の日光浴好きはよくわかる。まあ、確かに気持ちいいのは確かだ。
 そんな外国人に対し、日本人のプールの認識は完全に違う。日本人だけのプールなら気づかなかっただろうけど、僕も含めて日本人のプールの認識は泳ぐことを目的として利用するスタイルだ。一人で来てるのは当然として友達同士、恋人同士ですら、日本人は真剣に泳ぐ。子供の頃からの教育なのか洗脳なのか、プールと言えば泳ぎの鍛錬場としての認識の強さが外人との利用法の違いからはっきりと見てとれる。外人達はまず水中メガネを持ってこない。泳ぐと言うよりも水浴びをしにきてるからだ。
 それに比べて日本人はまず泳ぐ。クロールでも平泳ぎでもふざけていてもバタフライとかまず泳ぐ。ここが面白いところで外人に比べると遊びに来てるはずのプールのなのに日本人はまず遊んでない。これは僕自身もそれに当てはまり、確かにプールに涼みに来るという感覚はなかった。まあ幼児をつれた母親は涼みに来てるが、遊びと言うよりも仕事という認識の方が強いだろう。
 その為かプールの利用法での事で外人と監視員は良くぶつかるというか、そもそもプールの認識が違うのだから、当たり前というか。なんか日本の考え方のフォーマットがいかに歪な物かと言うことに気づかされる。日本的な考え方が世界では奇異に見られる感覚もわかるというか、プールに対してここまで厳しいのも日本くらいじゃないかと思える。まあ外国は知らないから何とも言えないけど。
 ただそんな遊びに行ってるはずなのになぜか鍛錬してる日本人は他の水浴びしてる他の外国人の誰よりも泳ぎがうまい。確かに体格や肌の色では負けてるものの、泳ぎでは日本人は優れてるのが見てわかる。子供の頃から泳げるようにさせていて、しかもプールでは泳ぎの鍛錬するもの、泳ぎの競争するものと植え付けてあるだけはあって、プールに入った日本人は泳がないといけないという脅迫観念におそわれて泳ぐ。別に涼んで日光浴でいいのにというかそれこそがグローバルスタンダードだろうに。だから、ほっといても泳ぎがうまくなるわけだ。
 なんとなく多国籍なプールにいると日本人が水泳で結果が出る理由がわかる気がした。一般市民レベルでの泳ぎのレベルがまるで違う。
 あとブラジル人女性には本当に美人がいて恐ろしい。トリンドルの南米カラーみたいな黒髪肌が小麦色な子がいたり、なんかもうタレントレベルなのがごろごろいる。さらに恐ろしいのが受験前の女子中学生で、ポルトガル語と普通の若い女の子言葉を使い分ける。ハイブリットなブラジル美少女とかいるし、これが高校に上がって高校生とかなるわけで、高校にこんな化物がいたらと思うと、高校生活がうらやましいような。中学生なのにサングラスが似合うし、なんかもう時代というか日本も変わったなぁと思う。つーかこんな子と同じ学校に行く日本の女子がかわいそうというかなんというか。
 あ、あとブラジル人の男女グループも日本人よりも仲良く遊んでても、恋人の一線を越えるのはなかなか難しげ。一番かわいい子はもう彼氏みたいのがそばにいるし。ポルトガル語がわかれば人間関係とか距離感もわかるのになぁ。ポルトガル語はまるでわからん。
 まあなかなか面白い一夏の経験だった。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-