FC2ブログ

日経平均14,425.44+275.92

値上がり率ログ
05 /14 2014
15:00 05/13 2014
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 3858/HC (株) ユビキタス +23.12 1,241
2 2138/HC クルーズ (株) +20.83 4,060
3 3727/マ アプリックスIPホールディングス (株) +20.59 1,400
4 9514/マ (株) ファーストエスコ +18.84 946
5 6677/HC (株) エスケーエレクトロニクス +18.40 965
6 3678/マ (株) メディアドゥ +16.87 4,850
7 6092/マ (株) エンバイオ・ホールディングス +16.29 1,071
8 2370/マ (株) メディネット +13.57 226
9 6250/東1 (株) やまびこ +13.02 4,080
10 4240/HC クラスターテクノロジー (株) +12.56 878
11 4321/東1 ケネディクス (株) +12.29 393
12 4091/東1 大陽日酸 (株) +10.85 889
13 4245/東2 (株) ダイキアクシス +10.20 713
14 6163/HC (株) エイチアンドエフ +10.18 1,277
15 5702/東1 (株) 大紀アルミニウム工業所 +10.12 272
16 6409/東1 (株) キトー +10.02 2,120
17 8897/東1 (株) タカラレーベン +9.79 314
18 7222/東1 日産車体 (株) +9.28 1,660
19 6245/東2 (株) ヒラノテクシード +9.12 873
20 7312/東1 タカタ (株) +9.10 2,133
21 2342/マ (株) トランスジェニック +8.88 429
22 9684/東1 (株) スクウェア・エニックス・ホールディングス +8.50 1,544
23 8739/HC スパークス・グループ (株) +8.33 182
24 8508/東2 J トラスト (株) +8.28 1,151
25 7717/東1 (株) ブイ・テクノロジー +7.96 3,390
26 4571/マ ナノキャリア (株) +7.85 1,030
27 8783/HC GFA (株) +7.84 330
28 7202/東1 いすゞ自動車 (株) +7.79 609
29 8194/東1 (株) ライフコーポレーション +7.75 1,612
30 6889/HC オーデリック (株) +7.72 2,820
31 9963/東1 江守グループホールディングス (株) +7.51 1,733
32 6131/東2 浜井産業 (株) +7.44 130
33 3289/東1 東急不動産ホールディングス (株) +7.37 787
34 6457/東1 グローリー (株) +7.34 2,939
35 8925/マ (株) アルデプロ +7.24 163
36 5711/東1 三菱マテリアル (株) +7.22 312
37 2469/HC ヒビノ (株) +7.09 2,131
38 6619/マ ダブル・スコープ (株) +7.09 680
39 4344/東1 ソースネクスト (株) +7.03 594
40 3657/東1 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス (株) +6.91 1,129
41 8225/HC (株) タカチホ +6.90 155
42 6262/東1 ペガサスミシン製造 (株) +6.84 375
43 4613/東1 関西ペイント (株) +6.84 1,531
44 6356/東2 日本ギア工業 (株) +6.82 470
45 8279/東1 (株) ヤオコー +6.75 4,905
46 4819/HC (株) デジタルガレージ +6.70 1,353
47 1803/東1 清水建設 (株) +6.62 596
48 7716/HC (株) ナカニシ +6.62 3,785
49 6419/東1 (株) マースエンジニアリング +6.48 1,973
50 8841/東1 (株) テーオーシー +6.47 708

アプリも限界あるよなぁ

朝刊
05 /14 2014
 漫画アニメに購入者の部屋のスペース問題がある。いくらお金があったとしても漫画やアニメが好きであっても購入者の収納スペースには限りがあり、このスペース以上購入することはできない。しかも買う人は使命感もって買ったりしてるけど、たいてい買う人というのは決まってる。その人の保有できる余力を考えた売り方しないと、購入者もスペースとの問題から、いきなり購入熱が冷めたりするわけだ。浦島太郎が玉手箱を開けるような感覚というか。それなのに漫画アニメ業界は一般的な購入者の部屋のイメージもできずにバカみたいに嵩張る商品を販売してるわけだけど、長期的に売ることを考えたら失敗だろう。
 これと似た問題がアプリにも存在すると僕は思う。何かと無料アプリをみんな作ってはいるけど、実際利用されてるアプリはそんなに多くないだろう。アプリがあれば操作できるだの、アプリで説明が聞けるだの、そんなの関係者以外使わないか、一度使ってみるものの削除されることだろう。
 スマホの画面においてどれだけメインに近いところにアプリを置かれるかが重要だろう。3ページや4ページなんて先にアプリを置かれたら使われるどころか多分存在すら忘れ去られるだろう。何でもかんでもアプリは無料だから使ってもらえると思うのは間違いだろう。お金をかけてアプリ作ってもダウンロードされるのも難しいし、使われるのも難しいし、何よりメイン画面にアプリを置かれることが難しい。この先、このアプリをいかに上の方に置いてもらえるかの勝負になるだろう。なんか経済番組やるたびに色んな企業がアプリを作ってばかりだけど、その紹介したアプリを全部入れただけど相当な数になるだろうし、長いこと使ってないアプリなどアイコン見ても何ができるアプリか思い浮かばない。
 購入者の部屋に限界があるように、スマホのトップ画面にもアプリを置ける数は限られてる。デジタルだから無制限にできるというわけでもない。何回もスワイプしないとたどり着けないところに置かれたアプリなど価値もないに等しい。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-