FC2ブログ

日経平均20,133.90+224.81

値上がり率ログ
04 /23 2015
15:00 04/22 2015
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 9941/HC 太洋物産 (株) +32.26 205
2 9360/東2 鈴与シンワート (株) +29.07 222
3 3666/HC (株) テクノスジャパン +25.16 1,990
4 7997/東2 (株) くろがね工作所 +22.22 440
5 7777/HC (株) スリー・ディー・マトリックス +21.61 1,688
6 4664/HC (株) アール・エス・シー +20.30 889
7 6625/HC JALCO ホールディングス (株) +20.00 198
8 1768/東2 (株) ソネック +19.61 610
9 3134/マ Hamee (株) +18.89 4,405
10 7813/マ (株) プラッツ +17.65 10,000
11 3685/マ (株) みんなのウェディング +17.12 1,026
12 3848/HC (株) データ・アプリケーション +16.52 1,058
13 3909/マ (株) ショーケース・ティービー +16.45 7,080
14 5216/HC (株) 倉元製作所 +15.75 735
15 4777/HC (株) ガーラ +15.30 1,100
16 7709/東1 クボテック (株) +14.93 770
17 4662/HC (株) フォーカスシステムズ +14.47 1,218
18 6840/HC (株) アドテック +13.36 297
19 6029/マ アトラ (株) +12.08 1,559
20 7175/HC 今村証券 (株) +11.76 1,948
21 9479/東1 (株) インプレスホールディングス +11.24 297
22 6067/マ (株) メディアフラッグ +10.80 1,118
23 4754/HC (株) トスネット +10.69 1,284
24 6775/東2 (株) TBグループ +10.64 104
25 3141/東1 ウエルシアホールディングス (株) +10.45 5,020
26 3912/マ (株) モバイルファクトリー +10.18 2,630
27 3911/マ (株) Aiming +9.91 1,674
28 8617/東1 光世証券 (株) +8.90 257
29 7717/東1 (株) ブイ・テクノロジー +8.52 3,020
30 2178/マ (株) トライステージ +8.27 1,585
31 8202/東2 ラオックス (株) +8.13 359
32 2659/東1 (株) サンエー +8.04 4,970
33 3628/マ (株) データホライゾン +7.60 1,189
34 6731/東2 (株) ピクセラ +7.48 115
35 4240/HC クラスターテクノロジー (株) +7.40 755
36 3760/HC (株) ケイブ +7.37 3,060
37 4979/東2 OATアグリオ (株) +7.27 2,419
38 9419/マ (株) ワイヤレスゲート +7.22 3,490
39 2477/マ 比較.com (株) +7.01 2,929
40 8946/HC (株)ASIAN STAR +6.98 230
41 3193/HC (株) 鳥貴族 +6.80 5,500
42 3690/マ (株) ロックオン +6.74 2,898
43 4997/東1 日本農薬 (株) +6.73 1,300
44 8729/東1 ソニーフィナンシャルホールディングス (株) +6.69 2,234
45 6920/東1 レーザーテック (株) +6.68 1,629
46 3742/マ ITbook (株) +6.63 1,094
47 3908/マ (株) コラボス +6.53 5,380
48 8871/東1 (株) ゴールドクレスト +6.52 2,451
49 7593/HC VTホールディングス (株) +6.38 600
50 3196/マ (株) ホットランド +6.37 4,595

おお、日経平均二万越え

朝刊
04 /23 2015
 すげーなぁ。一気に二万越えて行ったよ。この先どうなるのやら。
 そういえばアリーマイラブもシーズン5も終盤。シーズン3でキレイに全員の幼さからの卒業で一旦終わって、シーズン4でメンツも変えて再出発したのは割りとよかった。けどロバート・ダウニーJrとアニーのルームメイトが逮捕されてシーズン4の流れがシーズン5に繋げられず、シーズン5では親友でルームメイトのレネがいないために自宅を映さないで話を続ける。自宅での奇行が重要なアリーにとって致命傷だし、自宅を映さないので観ていて気持ち悪い。さらにシーズン5は新しく新メンバー弁護士を投入するも事務所の経営危機で途中でリストラ。他のレギュラーも変ないいわけで事務所から距離をおくことになる。あと911の後らしくそれを意識した作りもあり、思いっきたコメディ色を消してるようにも見える。とにかくシーズン5は増築しまくった建物のようにいびつだ。
 弁護士パートでもこれなのにアリーの私生活も大きく変わり、レネが出られない為にアリーが雪の日に出会った廃墟の売家に惚れて買ってしまう。その配管工事でやってきたのボンジョビで、さらに10年前のアリーの提供した卵子が間違って使われてしまい遺伝子学上の10歳の子供が訪れる。まあ、アリーの性格上結婚という流れよりも遺伝子学上の親か養子かの方がリアリティがある。突然家を持ち子供が出来るという突飛な展開。でも案外ボンジョビのキャラは良かったし、子供との親子関係の葛藤はアリーの新しい一面で面白い。ただ親業が忙しくて法律事務所に行けず、結局ファミリードラマ化してるわけで、フルハウスのような流れになってはいるが法廷コメディという枠から出られないで中途半端というか苦労してるのが見える。シーズン5始まってすぐに家を買う流れだったアリーは違うドラマとしてやっていけたかもしれないけど、終盤でこの流れなので修正がきかなかったのだろう。まあ、出演者の二人が逮捕された時点で無理があったんだろうなぁ。なんか色々と試してみたけど無理だったんだろうな。もったいない。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-