FC2ブログ

日経平均20,187.65+53.75

値上がり率ログ
04 /24 2015
15:00 04/23 2015
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 9360/東2 鈴与シンワート (株) +36.04 302
2 3685/マ (株) みんなのウェディング +29.24 1,326
3 8023/東2 大興電子通信 (株) +27.03 235
4 9753/HC アイエックス・ナレッジ(株) +25.16 398
5 4798/東2 (株) エル・シー・エーホールディングス +25.00 5
6 2876/HC (株) ジェーシー・コムサ +23.88 415
7 3666/HC (株) テクノスジャパン +20.10 2,390
8 5358/東1 イソライト工業 (株) +19.73 267
9 4664/HC (株) アール・エス・シー +16.87 1,039
10 3835/HC eBASE (株) +16.55 1,190
11 6061/HC (株) ユニバーサル園芸社 +16.50 4,200
12 1768/東2 (株) ソネック +16.39 710
13 5216/HC (株) 倉元製作所 +13.61 835
14 9355/東2 (株) リンコーコーポレーション +12.07 195
15 3825/マ (株) リミックスポイント +12.04 1,200
16 6659/HC (株) メディアグローバルリンクス +11.32 1,249
17 7505/東2 扶桑電通 (株) +11.07 321
18 3906/マ (株) ALBERT +9.30 3,880
19 3911/マ (株) Aiming +9.26 1,829
20 9723/東2 (株) 京都ホテル +8.90 820
21 6314/HC (株) 石井工作研究所 +8.46 295
22 3744/マ サイオステクノロジー (株) +8.43 566
23 2323/HC (株) fonfun +7.88 397
24 4341/東2 西菱電機 (株) +7.86 1,235
25 1381/HC (株) アクシーズ +7.66 1,981
26 8291/東1 日産東京販売ホールディングス (株) +7.65 366
27 9647/HC (株) 協和コンサルタンツ +7.57 199
28 9421/HC (株) ネプロジャパン +7.55 1,639
29 6677/HC (株) エスケーエレクトロニクス +7.43 1,850
30 7971/東1 東リ (株) +7.41 290
31 7162/HC アストマックス (株) +7.29 368
32 7587/HC (株) パルテック +6.98 659
33 9674/東2 花月園観光 (株) +6.87 140
34 9941/HC 太洋物産 (株) +6.83 219
35 3858/HC (株) ユビキタス +6.65 1,091
36 2337/HC いちごグループホールディングス (株) +6.63 354
37 7717/東1 (株) ブイ・テクノロジー +6.62 3,220
38 3458/東2 (株) シーアールイー +6.61 3,305
39 8044/東2 大都魚類 (株) +6.45 165
40 2221/HC 岩塚製菓 (株) +6.43 7,450
41 9621/東1 (株) 建設技術研究所 +6.42 1,409
42 6594/東1 日本電産 (株) +6.41 8,869
43 2132/東2 (株) アイレップ +6.07 297
44 6786/東2 (株) RVH +6.06 753
45 9963/東1 江守グループホールディングス (株) +6.02 511
46 8739/HC スパークス・グループ (株) +5.99 283
47 9438/東1 (株) エムティーアイ +5.95 891
48 3194/東1 (株) キリン堂ホールディングス +5.95 980
49 9748/東2 (株) エヌジェーケー +5.83 454
50 3387/東1 (株) クリエイト・レストランツ・ホールディングス +5.80 2,154

もう少しでアリーマイラブ終わる

朝刊
04 /24 2015
 あと残すところ二話か。長かった、というか買ってからかなり寝かせてたから、長い時間かかったというか。でも観始めるとやはり面白いからすぐに進む。それにしてもさぁ、終わり間際で僕らの世代のアイドルクリスティーナ・リッチが出てくるとか卑怯過ぎる。しかも年齢的に一番可愛い時期だし。しかもその存在感がでかくて一気に新しい流れの形を作るものの、残念ながら遅かった。シーズン5の頭から出てれば違ったかもしれない。ただ問題はシーズン5のアリーの娘登場からアリーの方はファミリードラマして事務所は法廷ドラマやってるという二種類のドラマの進行になって、前ならアリーとリンクしてる裁判だったけどあまり関係なく、アリーも事務所に顔出す程度。しかも残念な事にアリーが旅行でいない時が一番アリーマイラブらしいドラマになるという皮肉。要するにアリーの立場が法律事務所に邪魔になってきている。アリーを退社させてクリスティーナ・リッチを入れれば新世代のラブコメ法廷ドラマとしてなり得たのに、残念ながらこのドラマのタイトルがアリー・マクビールという原題。要するにアリーの物語であって法律事務所の方ではない。アリーを主役から外すことは出来ない。まあ、この先主役の名前タイトルにしてるドラマがないのを見ると主役交代のテコ入れや世代交代での延命も考えてなのだろうか。なまじこのドラマのスタッフが優秀なために一応ドラマとしては面白い。だけど人の抜けた修正は難しいし、何より若い女性の話であったのにアリーが大人になりすぎた為に使いづらくなったのに主役から外すことができないのが不幸だ。アリーが子持ちになってパートタイムになってしまうとアリーの物語であるために家を映さないといけなくなるし、そうすると法廷を絡めづらくなる。完全に接点のない二つの話が40分のドラマの中で進行するのは矛盾がある。さらに問題はアリーの恋愛遍歴を描くドラマの為に必ず失恋させないといけないが、若いうちはいいが32歳にもなって子供みたいな理由で別れるのは感情移入しづらいし、物語のために無理やり別れさせてるように見える。というか寝ると気持ちが離れるアリーこそまるでヤリ捨て男のように見えてしまい、若いうちなら可愛いもんだけど32歳で子供もいてかなりの失恋を経験して、ボンジョビの演じたキャラは何でも受け入れる出来た男であったのに突然アリーが冷めて別れることになる。失恋させないといけないのはわかるが、もう終わるドラマなら別れる必要もないんじゃないかと思う。
 なんにしても事務所の名前であるフィッシュ&ケイジ法律事務所ならアリーを追い出してケイジ&クリスティーナ・リッチの悪ふざけするコンビにネルと汚い手段を使う新入り弁護士の悪徳弁護士コンビの二つの弁護士タッグで続ければシーズン8までは行けたと思える。最後になって事務所側が面白いコンビが結成するという残念な流れ。もうちょっと早いかタイトルがアリーではなければまだいけたと思えるのに。クリスティーナ・リッチが活躍する法律ドラマをもっと観たかった。残念。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-