FC2ブログ

日経平均19,732.92+162.68

値上がり率ログ
05 /16 2015
15:00 05/15 2015
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 7858/HC 小野産業(株) +35.56 305
2 6063/HC 日本エマージェンシーアシスタンス (株) +24.08 2,061
3 3915/マ (株) テラスカイ +21.63 16,870
4 6748/東2 星和電機 (株) +20.51 470
5 4117/東2 川崎化成工業 (株) +20.38 189
6 2721/HC (株) ジェイホールディングス +19.88 603
7 3675/マ (株) クロス・マーケティンググループ +19.09 499
8 4565/マ そーせいグループ (株) +17.43 4,715
9 8256/HC (株) プロルート丸光 +17.32 359
10 1994/HC 高橋カーテンウォール工業 (株) +17.14 1,025
11 3514/東1 日本バイリーン (株) +16.37 711
12 3835/HC eBASE (株) +15.45 1,121
13 5697/東2 (株) サンユウ +14.59 424
14 3316/HC 東京日産コンピュータシステム (株) +13.76 1,703
15 4324/東1 (株) 電通 +13.65 6,160
16 9115/東1 明治海運 (株) +13.19 429
17 2773/HC (株) ミューチュアル +13.14 680
18 9386/HC 日本コンセプト (株) +13.11 2,700
19 6651/東1 日東工業 (株) +12.64 2,530
20 7834/HC マルマン (株) +12.32 228
21 1827/東1 (株) ナカノフドー建設 +11.74 495
22 4777/HC (株) ガーラ +11.34 2,160
23 4744/マ (株) メッツ +11.11 20
24 2144/HC (株) やまねメディカル +11.04 362
25 2120/東1 (株) ネクスト +10.91 1,281
26 8081/東1 (株) カナデン +10.77 987
27 3817/東1 (株) SRAホールディングス +10.48 1,782
28 1780/東1 (株) ヤマウラ +10.22 496
29 4301/東1 (株) アミューズ +10.08 3,495
30 6074/HC (株) ジェイエスエス +10.07 798
31 6040/マ 日本スキー場開発 (株) +9.96 5,300
32 7162/HC アストマックス (株) +9.51 380
33 6383/東1 (株) ダイフク +8.82 1,776
34 3659/東1 (株) ネクソン +8.40 1,677
35 7860/東1 エイベックス・グループ・ホールディングス (株) +8.30 2,101
36 4658/東1 日本空調サービス (株) +7.88 890
37 1787/HC (株) ナカボーテック +7.84 1,100
38 2379/東1 ディップ (株) +7.79 8,990
39 2477/マ 比較.com (株) +7.54 2,995
40 9059/東2 カンダホールディングス (株) +7.33 630
41 8897/東1 (株) タカラレーベン +7.19 745
42 7591/東1 (株) エクセル +7.08 1,498
43 2815/東1 アリアケジャパン (株) +6.99 4,130
44 2001/東1 日本製粉 (株) +6.96 630
45 9408/HC (株) 新潟放送 +6.87 700
46 5282/東2 ジオスター (株) +6.83 610
47 3758/HC (株) アエリア +6.80 1,650
48 6035/HC (株) アイ・アールジャパンホールディングス +6.70 1,099
49 6050/マ イー・ガーディアン (株) +6.63 1,898
50 6493/東2 日鍛バルブ (株) +6.59 372

興味たDVD三本

朝刊
05 /16 2015
 なんか個性の強い作品だったのがアリ・G。なんかひっどい作品ではあるものの笑ってしまう。つーかもう力技で笑わせてるような感じなのでほめていいのかなんなのか。テレビ観ていても笑うことなかったけど、久しぶりに笑えたのであえて名前を出しておく。アリGなんなの。
 それから、ラブコメと言えるのかな。あなたが寝てる間に…Hな彼女の選び方 僕のハートは右か左か?の二本を観たんだけど、この二本ともに一目惚れの相手を追いかけたら、一目惚れの相手ではない人に惹かれるという流れが同じでちょっと驚いた。それにラブストーリーには本命ではないところに行くパターンもあったことに気づいた。本命同士がくっつくのが王道なら外しで本命同士が最後に別れるのがあり、今回の本命以外にいくというパターンもあるわけだ。ラブコメの恋愛遍歴を分類別に分けたら面白そうだ。
 あとあと気になるのは今回のHな彼女の選び方なんてタイトルになってるものの原題と全く違う名前で、結構女の子の方に受けそうなラブストーリーだったりする。何気に主役の男の子が結構前向きで積極的なので観ていて気持ちいいし、童貞男子のなよなよした話ではないし、わりとラストがいい感じで終わってる。安いし、観たことも聞いたこともないタイトルなので拾っておいた作品にしては儲けものだという感じ。しかし、なぜ邦題になるとラブコメ、ラブストーリーのタイトルは改悪されてしまうのか。てかそのままの英語タイトルの方がかっこ良くて内容に合うと思えるのが多いのに。しかも名前が違いすぎて邦題の方が思い出せないのも多い。しかも何かと愛とか恋とかラブとか原題にない単語を入れこむのでやたらとDVDの並びも恋とかでずらっと並んでたりする。もう原題でいいんじゃないのかと思えるんだけど。ましてやこのHな彼女的な名前に変えたら完全に女性に観てもらえないというリスクを負ってる。そこまで女性を切るような内容でもないのにもったいない。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-