FC2ブログ

日経平均20,563.15+11.69

値上がり率ログ
05 /30 2015
15:00 05/29 2015
値上がり率上位/日本市場全体/デイリー
順位 コード 銘 柄 名 値上がり率(%) 取引値(円))
1 3910/HC (株) エムケイシステム +26.11 13,670
2 2321/HC (株) ソフトフロント +23.57 325
3 8139/東2 (株) ナガホリ +23.31 328
4 4783/HC 日本コンピュータ・ダイナミクス (株) +20.28 1,779
5 8073/HC (株) MAGねっとホールディングス +19.80 121
6 3131/HC シンデン・ハイテックス (株) +18.12 6,520
7 8115/東2 ムーンバット (株) +16.91 242
8 3742/マ ITbook (株) +15.07 1,642
9 6150/HC タケダ機械 (株) +13.28 418
10 6264/マ (株) マルマエ +12.37 1,263
11 5928/東2 アルメタックス (株) +11.83 435
12 4689/東1 ヤフー (株) +11.65 556
13 2351/マ (株) ASJ +11.18 537
14 2315/HC (株) SJI +11.11 60
15 2138/HC クルーズ (株) +10.28 3,755
16 6396/東2 (株) 宇野澤組鐵工所 +10.26 215
17 7968/東1 (株) TASAKI +9.49 3,195
18 5726/東1 (株) 大阪チタニウムテクノロジーズ +9.15 3,255
19 8585/東1 (株) オリエントコーポレーション +9.05 217
20 6721/東2 ウインテスト (株) +8.99 400
21 3067/東1 (株) 東京一番フーズ +8.15 597
22 4565/マ そーせいグループ (株) +7.83 6,470
23 8589/東1 (株) アプラスフィナンシャル +7.75 139
24 3760/HC (株) ケイブ +7.73 3,135
25 6888/HC アクモス (株) +7.62 226
26 2304/HC (株) CSSホールディングス +7.60 609
27 3692/マ (株) FFRI +7.57 4,905
28 7865/HC ピープル (株) +7.47 1,569
29 4591/マ (株) リボミック +7.40 1,204
30 9421/HC (株) ネプロジャパン +7.01 2,260
31 3125/東2 新内外綿 (株) +6.98 138
32 4978/HC (株) リプロセル +6.93 710
33 6071/東2 (株) IBJ +6.92 1,545
34 3245/マ (株) ディア・ライフ +6.81 1,490
35 2120/東1 (株) ネクスト +6.76 758
36 9059/東2 カンダホールディングス (株) +6.73 698
37 5727/東1 東邦チタニウム (株) +6.73 1,396
38 2353/東1 日本駐車場開発 (株) +6.22 205
39 1893/東1 五洋建設 (株) +6.03 510
40 8256/HC (株) プロルート丸光 +5.97 426
41 6627/マ (株) テラプローブ +5.81 1,420
42 3687/マ (株) フィックスターズ +5.72 3,325
43 2432/東1 (株) ディー・エヌ・エー +5.58 2,651
44 2925/HC (株) ピックルスコーポレーション +5.45 1,297
45 1879/東1 新日本建設 (株) +5.37 569
46 3175/東1 (株) エー・ピーカンパニー +5.29 1,851
47 1430/マ ファーストコーポレーション (株) +5.27 3,995
48 2736/HC (株) サダマツ +5.26 400
49 2369/マ (株) メディビックグループ +5.24 261
50 6619/マ ダブル・スコープ (株) +5.16 1,059

愛と哀しみの果てという映画を観た

朝刊
05 /30 2015
 愛と哀しみの果てというDVDがずっと前に買ってあったのを見つけて観た。なんとこれアカデミー作品賞だという。でも知らないし、なにこれという感じ。原題はOut of Africaで1910年代のアフリカで農地を開拓していく女性の話。しかもこの主役をメリル・ストリープが演じており、相手役をロバート・レッドフォードが演じている。
 まあそんなわけで160分くらいある長い映画を観たがひどく退屈なぜこれが作品賞とか色々とってるのかわからない。そんなに作品が無い年だったのかと第58回アカデミー賞見ると対抗馬がスピルバーグのカラーピープルで、これは観てないからどっちがいいのかわからないけど、他の部門のノミネートを見ると脚本賞にバックトゥザフューチャーが入ってる。ウッディアレンのカイロの紫のバラや未来世紀ブラジルもある。
 まさかバックトゥザフューチャーの年のアカデミー賞がこの意味不明のアフリカ映画だったとは。しかも一番頑張ってるメリル・ストリープはアカデミー主演女優になれてないという。ちょっと気になったから前後のアカデミー賞見てみたら、結構未だに名前を残してる作品を完全に無視して、映画文学的な作品を贔屓してるように見える。確かにこの頃ってアカデミー賞ってヒット作とは別にあった気がするし。アカデミー賞を今から見なおしてみるって結構面白いな。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-