FC2ブログ

錬金術だったネットビジネスも動画サイトで壁にぶつかってる感

朝刊
09 /09 2009
 人気サイトになれば高利益を稼いできたネットビジネスだけど、最近ふと思うことがある。ユーチューブやニコニコ動画などの超人気サイトであっても赤字の状態である異変。採算度外視で始めたサービスでも人気が高まれば、自然とそろばんがあっていたネットビジネスでも、投稿動画サイトや動画サイトでは超人気になりつつもなかなか赤字から脱せられない状態が続いている。いつかは黒字化するだろうと楽観視しつつも、この赤字の長さが妙に気になっている。さらに中小の動画サイトの撤退も相次いで、動画コンテンツになった途端に魔法のように利益を生むと思われていたネットビジネスも一つの壁に当たった形になっている。
 まあ、いくらネット世界が未開拓地であり、収益を増やし続けていてもいつかビジネス的に壁にぶつかるものである。普通は価格競争や他社の新サービスに顧客を奪われるなどがあるものの、首位は大儲けが商売の世界だけど、動画サイトについては未だに勝ち企業がはっきりしない有様。サーバーの維持費やシステムの開発費にコストがかかっているのだろうけど、なかなか収益が出費に追いつかない状態なのだ。
 結構これは面白い事実だと僕は思ってる。動画レベルのデータを扱うところで、とうとうネット企業もアイデアのみで勝負するわけにはいかず、新サービスや経費削減など経営力も試される状態になってるわけだ。当然かかるコスト以上の利益を生み出す方法を見つけるのがいいわけだが、ネタとして色々試してるニコニコ動画のテストや新企画などがネット企業の模索感が良く出てて非常に面白い。
 他の動画サイトもGyaOはテレビ局からの出資を受け、ニコ動と同じように有料会員を始めたり広告収入だけでの維持の難しさを動画サイト達の模索が教えてくれている。しかも、面白いのがビジネスとはランチェスター戦略通り首位は高利益を上げるものだ。しかし、動画サイトでは首位とされるユーチューブですら赤字の状態。だとすると首位とはなんだという事になる。動画保有数の多さが首位というだけであって、黒字幅の首位ではないわけだ。ニコ動の模索ではネット店舗も始まったり、個人献金的な広告も始めたりと、黒字になったとしてもそれは動画で黒字なのか、ポータルサイトとしての大きさや相乗効果での黒字なのかわかりづらい状態になりそうだ。
 株価的には大きく買われすぎてROEは無視されるものの、動画サイト以外のネットビジネスはそのROEは高いまま。やはり利益率が高いのはネットビジネスの魅力である。しかし、そのネットビジネスも動画を扱うビジネスは首位ですら黒字になっていないわけで、ここがネットビジネスの初めての壁のような気がする。そのうち設備投資や技術革新で動画ですら軽くなる時代が来るかもしれないが、今のネット社会のビジネス面での限界というのが見えているのは非常に興味深い。いつかどれかの動画サイトが黒字に転換する日が来ることを信じているが、そこがまた新しいネット新時代の始まりのような気がする。
 しかも面白い事に動画サイトはそれぞれ模索の方向が違うのも興味深い。ユーチューブは投稿動画にこだわり、その面で強化している。ニコ動は投稿動画を一つのコンテンツと捉え、投稿動画を中心に様々なサービスを付加している収益向上を図っている。この違いが現れる原因は有料会員の有り無しではないだろうかと思う。ニコ動の戦略はサービスの付加をしているが、これは基本的に有料会員に向けてのアピールであり、広告収入よりも有料会員に依存した気持ちのあらわれだろうと思う。ユーチューブはユーザー負担をよしとせずにとことん広告収入を稼ぐことに重点を置いてるような気がする。GyaOも有料会員を始めるようだから、流れとしてはニコ動に近い形を目指すのだろうか。どちらの戦略が当たるかどうかなんてわからないが、実は誰も勝ち組のいない動画サイトでどの企業がしっかりと黒字化という大きな第一歩を踏み出せるか本当に楽しみである。そして、黒字化してからどこまで収益を伸ばせるかも興味深いし、これだけ大企業が必死に投資しても黒字化しない難しいビジネスは新規参入を難しくさせるために、黒字化してからの成長力も気になるものだ。
 とにかく何が言いたいかと言うと、この動画サイトが全部赤字という状況はネットビジネスですら限界があることを教えてくれているということ。さらにアイデアで勝ててた時代もそろそろ終わり、ネットビジネスも大資本の投資が必要になってる可能性が出始めたこと。
 こうなってくると、テレビゲーム業界が重なってくる。昔は簡単なゲームでも大きく儲かっていたのが、いつの間にか数億円かけないとゲームが作れなくなって、あまり儲からない商売になっていった現実。近い将来ネットで起業という事が難しくなる時代もくるかもしれない。そろそろネットの次のビジネスを模索するのもいいかもね。案外次は宇宙かも。

はちゅねミク、宇宙へ 松本零士氏も応援
 はちゅねミクはとうとうニコニコ技術部の手で本当に宇宙に行き、ネギを振るのか。コレ実現したらさすがにテレビもニュースにするのだろうか。ニュースにならなかったら、テレビの中の人達は脳みそが入ってないことを証明することになる。もうじきか。もしかしたら、初音ミクよりもはちゅねミクが有名になるのか。

「楽天動画チャンネル」に動画投稿者とブログ掲載者で成果報酬を分配する「ウィンウィンリンク」導入
 楽天動画チャンネルなんてのもあるようだ。

英国版YouTubeでミュージックビデオ復活 権利者団体とライセンス契約で
 英ユーチューブが権利者団体とライセンス契約。やっぱりこういう流れになる。

ギャオ 黒字化へサービス全面刷新 「有料」開始 ユーチューブ対抗
 GyaOが有料サービス始める。動画サイト戦国時代はどこが勝つのやら。今はヤフージャパンの子会社だもんなぁ。USENの着目は良かったけど、黒字化できなかったのがもったいない。

気になる株価材料
1日1.5テラバイトのデータを格納するために超並列を選択
初のポケモンプラモ「ポケプラ」 バンダイ
スマートフォン所有者の6割がソフトバンクを選択、auはわずか0.5%【価格.comユーザー調査】
「RT」 面白いつぶやきを広める
345gの超小型ミニノート、工人舎が10月発売
Android Marketのアプリ、1万本を突破
<鳩山代表>環境関連株上昇 「温室ガス25%削減」発言で
米銀の業績は12年に正常化、JPMはより早期回復へ=モルスタ
新日石、ナシリヤ油田めぐる契約を締結へ=イラク高官
<衣料品リサイクル>オンワード、引き取り全国で展開へ
ジーユー、秋冬は990円商品を大幅増
<ゆうパック>ペリカン便との統合延期濃厚 総務省が問題視
<ホンダ>世界初AT二輪車開発 10年以降販売
高速無料化で2兆7千億円の経済効果も JRなどに打撃
NTT IP電話を一般向けに販売 光回線への転換促進
ETC車載器「ブーム去り」8月の販売大幅減
中国商務省、四川騰中重工機械にハマー買収の情報求める
ちょっと意地悪な「正しい会社の辞め方」10カ条
日本の国際競争力8位、金融危機の米は首位陥落
国有が民間を買収 中国企業の実態如実に、鉄鋼大再編
将来の希薄化嫌気し銀行株が大幅安
静かなHV、歩行者に「接近お知らせ音」
消費大国に広がる節約志向 米、高所得者層でクーポン利用が活発に
昭和シェル 11年に太陽電池第3工場 世界5強へ「シェア10%目標」
ドコモがメール新技術 翻訳・音声化 国際標準狙う
米銀、一段の資本強化が必要=グリーンスパン氏

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-