FC2ブログ

なんか随分決算がみんないいなぁ。

朝刊
07 /31 2010
 今期の決算を占う上でも重要な第一四半期決算がどんどん出ている。なんかみんないい数字なのでそれはそれで良い兆候だし、いいことだと思う。それでも株価は大きく上げたり大きく下げたりと疑心暗鬼なご様子。もう二三回いい数字が出るか、アメリカが回復するか中国が市場として認められたら流れが変わるんじゃないかなぁとボンヤリ思ってる。
 まあ企業はいいんだけど、問題は労働者だ。日本の労働者は景気が良くなればまた総中流社会が来ると思ってる人がいるだろうけど、あんなの自民党が税金使って作り上げた理想郷なだけで、もう世界一位の借金大国があんな幻想を作り上げる力はない。ということは総中流社会なんてものは借金返済しきった後で、票の欲しい政権党が借金すれば再来するだろうが、今の日本の借金を返済するなんてものが至難の業だ。ということはほぼ来ないと言う事だろう。総中流社会にするには国債を発行しまくって公共事業という流れが王道だが、もうその手が使えないのだから無理だというのが誰もがわかるだろう。地方に多かった建築成金の正体なんてものも国債が生んだお金を食ってただけの経営とは名ばかりの企業だったわけだ。まあ、一応そんな有利な建築業界でも、いやだからこそ、そこに過剰な競争はあったわけだ。例えば高速道路の建築予定地の情報を議員から仕入れたりなんてこともあったのではないだろうか。そうなれば、国債発行時の経営とはいかに国会議員とパイプを繋いでおくか。昔の日本の経営とは経営学ではなく、国会議員接待学に通じた企業が成長していったわけだ。あんなもの経営でもなんでもない。だから名ばかり経営者なんてのが多いんだろう、この国は。経済大国のはずなのに、立派な社長や幹部などそう多くいないのがそれを証明してる。
 これから国債を国債返済にしか使えない日本では議員接待自体が無意味になるかもしれない。それに伴って、経営者もきちんと経営者になる必要がある。そもそも経済大国の経営者なのに、世界の企業から引く手数多なんて経営者なんて数えられるくらいしかいないだろう。
 ここから日本は本当の意味での成長が必要な時期ではないだろうか。労働者達は基礎教育がしっかりしてるから、正直大卒だろうが高卒だろうが能力に違いはない。文字の読み書きも出来れば、言われたことをこなすことが出来るように調教もされてる。大学の四年分、高卒を会社で使えば大卒以上の戦闘力のある社員にすることはできるだろう。
 そんなわけで実は労働者レベルでは日本は未だに高いと思うが、この国の政治家と経営者のレベルの低さがこの国の問題だろう。海外の政治家に覚えて貰えるどころか、日本人にも覚えられていない政治家が多いだろう。経営者にしたって、企業名は知っていても経営者の名前を知ってるという人はどれくらいいるだろうか。賛否両論に割れるカルロスゴーン並に名前を知られた経営者はいるだろうか。せいぜいライブドア元社長の堀江貴史さんくらいなものだろう。政治家では小泉元総理くらいではないだろうか。
 堀江元社長や小泉元総理の判断全てが正しいというわけではないが、間違った判断をした社長や総理などいくらでもいるわけだ。それに経済にしろ政治にしろ先行きなんて専門家ですら読み違えるほどの魑魅魍魎の世界なのだから、思い切った判断による間違いも仕方ないし、間違っていたら修正すればいい。政治家や経営者に必要なのはやはり顔である以上、目立つことだろう。経営者は目立ちたくても、民放がアホばかりなので企業の特集などをしないのだから、目立つチャンスはないが、政治家はあれだけアホテレビ局がついて回ってるのに、全員が全員目立たないようにしている。リーダーシップがまるで感じられない政治家は操り人形にしか見えないので、どうかと思う。
 個人的には総理候補は全員小泉元総理くらい目立つ人物が並んで欲しいものだ。その強いリーダーシップの中で誰を選ぶかという流れになって欲しいが、どうも地味な党に貢献した人物を粛々と押し上げてるような流れで、まさか政権交代が起きても同じ流れになるとは思っていたが、やっぱりそうなるとガッカリしたものだ。
 政治家はもっと小泉元総理がリーダーシップがあったのかを研究すべきだろう。それぞれの党でああいう人間を故意的に増やすべきで、自民の谷垣総帥のような典型的なサラリーマン日本人のようなタイプを担いでしまうのはどうかと思う。サラリーマンの同族嫌悪的な思いも入ってしまわないだろうか。
 ん、あーまあ、そんなわけでもっと個性のあるリーダーを選べるようにしようと。なんつーか文系リーダーっていうのかなぁ。最近のリーダーって。大人しくて独自の理論がないような感じの。まあいいか。

気になる株価材料
<郵便局会社>かば焼き4万個発送できず 業者と連絡取れず
米アマゾン、新型の「Kindle」を発表――第3世代機は軽量で画面も美しい
「はやぶさ」カプセル、公開初日に1万3000人
富士通の2010年度第1四半期連結決算は16億円の最終黒字、全セグメントが黒字スタート
「TSUTAYA DISCAS」会員数が100万人突破!携帯からの申し込みが好調
ASUS、約11.7時間連続駆動の10.1V型ネットブック「Eee PC 1005PE」を価格改定
YouTube、アップロード可能な動画の長さを15分に拡大
ピクシブと角川がコンテスト開催、「小説部門」も新設
ディズニー、映画会社ミラマックスを約594億円で売却!今後ピクサー、マーヴェルに力を注ぐ方針
<十六銀>岐阜銀を吸収合併へ 12年度中にも
<エコカー補助金>9月末終了 景気に影響の恐れも
<日銀>議事録公表 ゼロ金利政策の解除への過程明らかに
米フェースブック、IPOを2012年に先送りする可能性=報道
ホンダが11年3月期営業利益予想を上方修正、販売増などで
武田の10年4―6月は14%営業減益、抗かいよう薬減収など響く
<米GDP>実質成長率2.4% 4四半期連続のプラス成長
富士フイルムの4―6月期営業損益は468億円の黒字
コニカミノルタHD、4―6月期は98億円の営業黒字
Jパワー10年4―6月当期損益、‐96.3%の4.9億円
川崎重工、業績見通しを上方修正…新興国向け堅調
決算発表がピーク=東証で378社が開示
自動車所有、初のマイナス=04年比2.2%減―総務省09年調査
電機大手、7社が営業黒字=薄型テレビなど好調―4~6月期
ブックオフ「本人確認なく、買い取りません」
パチスロ好調で黒字転換 セガサミーHD、4~6月期
中国は既に世界2位の経済大国、10年成長率は9%超に=外為管理局長
関東自動車、ブラジルで生産能力を増強
タチエス、中国に新会社設立…吉利汽車向けシート生産へ
サンリオ、営業利益3倍 欧州事業が急拡大
第一三共、最終黒字転換 買収インド企業が貢献
昭和シェル、黒字転換 6月中間、原油上昇が追い風
バフェット氏の後継者、ヘッジファンド運用のリ氏か=報道

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-