FC2ブログ

浜岡原発停止要請だと!

朝刊
05 /07 2011
首相、政権の信頼回復狙う…浜岡原発停止で
 これにはビックリした。ビックリした!いやぁ、官僚の言いなりお人形総理だった菅直人が、やっと総理大臣らしい事をしたんだから。というかそもそも民主党という党に期待してた事がこういう事であって、こういう事やらなきゃ何のための自民に対抗するべく存在してたのかわからなくなる。特にこの浜岡原発は経済的に重要な場所に位置してるためにここが福島原発のように爆発したら、完全に日本経済は死亡する。福島でさえ東京回避がスゴかったのに、浜岡だと更に近いわ、浜岡爆発した時の立ち入り禁止地区には新幹線や高速もあり、文字通り日本の大動脈である。この大動脈が切断なんて事になれば、完全に日本経済は詰んでしまう。ましてや世界の人は地球儀で日本を見るわけだけど、地球儀で見た場合日本の原発がどこの場所でも爆発したら小さな日本は汚染されたと錯覚してしまうが、浜岡ではなおさらそう見えても仕方ないだろう。
 そんで総理が要請してからテレビは一斉に浜岡原発について取り上げたが、ビックリしたことにあんなに中部電力が嫌がってた浜岡原発停止だけど、実際に停止した時に無くなる電力が想像以上に小さい。しかも需要と供給にも余裕があり、浜岡原発が停止しても猛暑でなければ足りるらしい。現時点の電気無駄遣い時代で足りそうであれば、中部電力内で節電をすれば充分に間に合うだろうし、何より周波数の問題から電力は他からも買えるメリットが中部電力にある。
 ではなぜこんな日本経済を破壊しかけない位置にあり、電力もさほど生み出してない浜岡原発をあんなに中部電力は守りたがるのか。頭がおかしいのか。しかも大臣に安全だと説明していたがあの土手の貧弱なこと。津波を未だに波としてしか見ていないかのようだ。はっきり言って日本中の電力会社の幹部連中は全員福岡原発を近づけるギリギリまで視察してくるべきだろう。そうすれば津波とは何かが良くわかるに違いない。さらに中部電力は浜岡原発の土手の内側に堤防をつくって守ると言っていたが、そもそもあの要塞のような田老堤防ですら決壊したのに一体にどんな堤防を立てるつもりなのか。しかもただ津波だけならそれでもいいかもしれないが、津波が起きる時は大地震がある。その大地震で堤防が割れてしまうかも知れない。割れてしまえば堤防など無力だろう。要するに陸地のコンクリを破壊する大地震とものすごい水圧の津波のコンボが恐ろしいのであって、中部電力のプランは想定内の津波に対してにしか見えない。しかも浜岡原発の位置的に海とは目と鼻の先、あの位置だと津波の高さは10mではすまないのではないかと個人的には思えて仕方ない。30mくらいは見ておくべきじゃないだろうか。
 まあ何にしても浜岡原発を停止する決定は素晴らしい。点数稼ぎでも何でも、と言うか本当ならもっと早い段階で点数稼ぎの為に国民の要望を代弁するものだが、ここまで時間がかけてまで点数稼ぎをしない事の方が不思議だ。誰のために意地を張っていたのか、管総理は。
 今回の海江田大臣の浜岡原発視察は個人的な印象だが、もう総理自体は浜岡原発停止を決めていて送り出したように感じる。一応停止する理由付けのために急に浜岡原発停止とは言えるわけがないから、大臣の視察を待ったんじゃないだろうか。結構適当な視察の割に決定が浜岡停止なので驚いたからだ。
 そもそももっと国民に歩み寄ればいいのにというか、そういう政党だろうに。与党になった途端に自民の偽物に成り下がり、自民よりもヒドい有様だったわけだ。まあ、これでやっと一点与えられるだけで、もっと頑張らないと選挙でやばいだろうけどねぇ。自民の偽物のままなら自民の方がマシだしねぇ。

気になる株価材料
情報暴露の投稿サイト開設=ウィキリークスに対抗? ―米ウォール紙
カプコン、「モンハン」人気で最終利益3・6倍 売り上げも過去最高に
米トヨタ、初音ミクを「カローラ」のCMに起用
「ゴッドファーザー」前日談が新たに小説化
オリエンタルランド、震災で97億円の特損計上
MotoGPモチーフのアートキット…ドゥカティ
すき家、4月独り勝ち=牛丼販売
三井物産の12年3月期、16%増益で過去最高益に
<武富士>過払い金利は1兆3816億円 管財人会見で発表
丸紅の12年3月期、24%増益で過去最高益に
伊藤忠の12年3月期、49%増益で最高益へ 
野村不動産HD、都心マンション復調で増収増益 11年3月期

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-