FC2ブログ

「ドットハック セカイの向こうに」を観てきた。

朝刊
01 /25 2012
映画『ドットハック セカイの向こうに』本日(2012年1月21日)公開! 大盛況の初日舞台挨拶をリポート
 映画「ドットハック セカイの向こうに」を観てきたんだけど-、この映画なんつーか惜しい作品だなぁという感想。近未来の中学生でハイテク嫌いの爺さんの影響でネトゲオンチの女の子がザワールドにハマっていく流れは秀逸だった。リアルな友達とネットで仲良くなったり、友達の違った一面をザワールドで知ったり、友達と一緒に冒険したり、レベルアップを喜んだりとネトゲにハマっていく流れは本当に良かったし、丁寧に時間をかけて描いていた。
 でも残念なのは、最後の戦いが、戦いというのかな?まあとにかくドットハックらしく敵はコンピュータウィルスなんだけど、このウィルスがずっと昔ながらのモヤモヤ黒煙と触手っていうね。そのウィルスのイメージはもう使い古されていてちょっと今時これをウィルスとして出す?と驚きながらも、最後は戦いってわけでもないしー。ただ最後の友達が集めたプレイヤー軍団が戦艦を出して援護に入ったんだけど、この戦艦とか味方達の踏ん張りはカッコいいんだけど、敵はモヤモヤ黒煙なのでどうも物足りないと言うか。色々な小道具とかナビしてくれてたマコトさんっていう部屋に置いてある話しかけると会話してくれるコンピュータとかアイデアは良い物があったのに、なぜ敵ウィルスという一番物語に重要かつアイデアを注ぎ込まないといけないところで、安易に黒煙ウィルスにしちゃうかなぁ。いや登場シーンは黒煙の方がウィルスというイメージを観てる人に与えるからいいとしても、最後の最後まであのまま大きくなるだけとか。ウィルスと戦う映画ではサマーウォーズもあるが、あれは敵ウィルスであるラブマシーンにアイデアを注ぎ込んであったから魅力ある敵役だったし、戦いもアカウントをかけての花札という観てる人の予想を裏切る方法で戦っていくし、アカウントの集合体での巨大化というのも面白かった。でもドットハックのウィルスはただのモヤモヤでなんか魅力も何も感じないっていう。しかも戦うわけでもないし。
 全体的に良いんだけど、この敵役の手抜きが全体をダメにしてしまってる感じで非常に残念だった。ただこの映画のシーンで、最後のザワールドへ行く時に爺さんの羽織を羽織って雨の中ビニ傘をさして爺さんに声をかけられるシーンは任侠物の討ち入りの前のシーンみたいで良かった。でも敵があのモヤモヤ黒煙なのが非常に残念。
 学校のテストをタッチパネルにペンで記入してそれを送信するシステムとか部屋に会話できるコンピュータがあるとか新しい近未来アイデアが盛り込まれていたのは面白かったし、マコトさん的なコンピュータは案外作れたらヒットするだろうと思う。まあメガネ型コンピュータは電脳コイルでやってるので目新しいアイデアではないけど。
 しかし、ザワールドというかドットハックの世界は完成度が高いというか、まだまだネトゲ文化がある以上続けられるテーマではあるなぁ。なんか久々にドットハックのゲームをやりたくなったけど、PS2がないからなぁ。そういやGUだっけそっちやってないや。

気になる株価材料
アカデミー賞ノミネート「アーティスト」主要4部門含む全10部門 最多は「ヒューゴ」
「ヒューゴの不思議な発明」最多11部門ノミネート!スコセッシ監督来日決定
【レポート】電子ブックの新時代を拓く「iBooks Author」
Twitter、マルウェア対策を手がける新興企業Dasientを買収
“日本人歌手”最多!?バーチャルアイドル・初音ミク、世界217か国での楽曲配信が決定!日本から世界へ羽ばたく!
<カプコン>歌舞伎町にコンセプトバー 「モンハン」「バイオ」のメニュー続々
ユーロ、夕方に急伸 100円81銭まで上昇、ほぼ1カ月ぶり高値
きちり株が3連騰、連日の昨年来高値更新
カブドットコム証券が売建銘柄を2000に拡大
三井アウトレットパーク木更津が4月13日開業 171店が出店
独シーメンスの10─12月期決算、営業利益が市場予想に届かず

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-