FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベノミクス三本目の矢

朝刊
02 /22 2014
 群馬だけど、この前の積雪が多すぎて、道は通れるようになっても雪が固まってなかなか溶けない。さらに積雪の被害で簡易的な車庫がつぶれてたり、車がその下で挟まってたりしてる。トタンっぽい工場がつぶれてたり、ビニールハウスもつぶれてる。古い家も瓦とか落ちてる家もあるだろう。僕が目にするだけでも結構あるのだから、これが積雪地域全体だと相当な被害総額になってるだろう。しかもこれが個人宅の被害も多いので、なかなかお金を出さない老人、欲しい物がないと言って貯め込んでる老人達もこの時のために貯めてるわけで、結構なお金が久しぶりに老人の口座から企業に流れることだろう。地元の工務店は忙しそうだ。
 総理は第三の矢を何もしないまま、アベノミクス忘れて憲法に必死になってるわけだけど、積雪被害特需がアベノミクスの第三の矢になりそうな感じがする。アナリストがみんな東京にいるから、積雪特需がシャベルの会社だけのように見えるのだろうけど、きっと雪が溶けるまでには積雪被害による特需はかなり顕著に現れるのではないかと推測する。しかしまあ、これが困ったもので上場企業だとどこが恩恵受けるのかよくわからない。まあ、ゆっくり探してみるか。それらしい動きはまだシャベルの会社くらいだい。つーか個人的にはまずNTT来させないとなんだけどまだ雪が邪魔で呼べない。
 しかしまあ積雪被害の規模はいったいどれくらいなんだろう。山梨とかまだまだ大変だしなぁ。本当に雪ってある程度積もりすぎるとこんなにも溶けないもんか。
 つーかここで公共事業として積雪に対して予算当てればアベノミクスとして効果あるだろうに、なに憲法に本気になっちゃって、自分の評価されてるところ見失っちゃってんの。ぶっちゃけ憲法なんかどうでもいいから、景気を盛り上げろよ。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。