FC2ブログ

群馬若手演劇人Liveを観てきたの風景

風景
04 /07 2014
信子「なんかすげーって感じ。群馬若手演劇人Liveミックスジュース観てきた」
益利「へえ。どうだった?」
信子「3劇のオムニバス公演だったけど、始めが喜劇で二作目が県女の演劇部が文化祭でやった凶悪犯たちの夜、最後がシリアスな感じで女の子ばかりの劇」
益利「お、県女がやってたの同じのやったんだ」
益利「留置所に入れられた無銭飲食と下着泥棒がお互いを殺人犯だと誤解してビクビクしながら会話する劇ね。でもねぇ、この凶悪犯たちの夜の二人の犯罪者を演じたのが群馬が誇る歴史の長いアマチュア劇団ろしなんてとザ・マルクシアターの青年役をやってる人達だったの。お互い違う大手の劇団の同じ役割演じてる二人が競演よ!世界は気付かないけど、奇跡のコラボ!しかもこの二人が競演するにはもってこいの劇。これがつまらないわけないわー。心の中の想像の演技と現実世界での演技の温度差が見事。県女の子達も良かったけど、やっぱりこの二人の演技には勝てないし、まあこの二人の競演はすごいね」
益利「すっげーマイナーな夢の競演だったんだな」
信子「群馬のアマチュア演劇界での夢の競演だったね。ろしなんてとマルクの同じ役割の青年役の役者が競演だもの。一緒に立ってる事のない人が一緒にいるんだもの。なんか伝えるの難しいなぁ」
益利「いいともの最後の競演のグレードダウンみたいなものか」
信子「まあ、なんか違うような気もするけどそれでいいや。他の劇も面白かったし。若い世代がこうやって盛り上げるのっていいね。集まってる劇団の数も多いからか、観客も多かったし。それにこのイベント次回もあるらしいしね。楽しみ」
益利「あー。あれだ。SNKのキングオブファイターズだ。格ゲーでSNKのキャラがみんな出てくるやつ」
信子「逆によくわからないけど、それでいいわよ、もう。メンドくせ」


黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-