FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群大演劇部行って来たの風景

風景
07 /14 2014
信子「群馬大学演劇部テアトルヒューメの劇を見てきたわ」
益利「へえ。どうだった?」
信子「代替わりしてたけど、安定してるわね。あそこは」
益利「それはよかったな。というかこの夏の演劇第一作目か」
信子「そうなのよ。ここから始まりよ。困ったことに結構被るのよね。しかも大好きな群女の演劇部行けなそう。色々忙しくて」
益利「珍しい。手を広げていたら、好きな物を優先できなくなったって事か」
信子「まあ、そんな感じね。あとプールも行きたいし。なんなの。あーあ、平日いなくなってもいいので土日だけ二人にしてくれないかなぁ」
益利「よくわからない願望だな」
信子「仕事なら、例えば人を雇ってやらせたりとか出来るでしょ?趣味となるとこれまた別の話で、誰か雇って見に行かせたとしても意味ないわけよ。経済の合理的手段が意味をなさない!」
益利「そらそうだ。趣味なんてもともとお金儲けでやってるもんでもないしな」
信子「そーなんだけどー」
益利「まあ、たまには取捨選択してみるものいいんじゃないか。全部効率よく見に行けるもんでもないってことだし」
信子「うー、でも行きたい-。仕方ないけどー」

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。