FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉食企業と草食企業

朝刊
08 /21 2014
 スーパーのカップアイス一周回って、スーパーカップの超バニラだなぁ。安いし量あるし、バニラ感が濃くていい。抹茶アイスにはまってたけど、なんだかんだで定番に行き着くという。
 まあ、それはいいとして最近企業にも肉食系と草食系があるように感じた。草食系とは今やってる事業を淡々と続けていく企業。まあ自身のある目玉商品があったり、それが会社の代表作ってところ。まあ、部品を作ってるところもそうかな。それに対して肉食系というのはさっき言った草食企業が淡々と続けてる仕事を奪ってしまう商品やサービスを作ってしまう企業。まあ、例えばクリエティブな仕事を奪ってしまうスマホや小売り企業をつぶしていくコンビニなどかな。これら肉食系は他の企業が淡々とやってた仕事を綺麗に奪い取る。まさに肉食動物のような感じだ。
 最近はこの肉食企業の快進撃が目立つ気がする。特にコンビニはコーヒーも奪い、外食も奪いと世間の小売企業を駆逐していく。まあ、それだけサービスが増えると店員の負荷も大きい気がするけど、なんとかなってるのかな。あとスマホはカメラだけでなくビデオカメラにもなるし、ウォークマンにもなるし電話にもなるしメモにもなるしゲーム機にもなるしとかなり多くの産業を食いあさってしまった。これを肉食と言わずになんというか。
 まあ、そんなわけで肉食でいることが企業の生き残る道のような気がする。もしくは肉食企業を食える企業が出てくるかどうか。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。