FC2ブログ

浜崎あゆみの1stアルバム発掘

朝刊
10 /08 2014
 うちのCD鉱山発掘してたら、浜崎あゆみのファーストアルバムのA Song for ××を発掘。持ってたなぁ、と思いつつ久しぶりに聴き直してみると、さすが当時の女子高生のカリスマらしい歌詞。今でこそあゆ教の教祖みたいになってるけど、こんな時期があったことを思い出した。このアルバムも145万枚行ってるらしいし、これだけの数字に裏付けされたアルバムだけあって今聴いても良い。つかこれでもう浜崎あゆみって完成してね?って思うと今はものすごい蛇足期なのかなぁと。
 しかし、懐かしいCD、というか過去に爆発的に売れたアルバムを漁るのは面白い。音だけだけどその時代の空気が保存されてるね。この遊びを若い子に教えたらなんかのりのりではまり始めてた。古いアルバムというとどうしてもその当時自分がはまってた歌手とかアルバムにこだわりがちだけど、これだけ時間も経って安く中古が買えるんだから、全く興味がなかったり、嫌いだったけど当時めちゃくちゃ売れたアルバムを聴いてみるといい。なんか新しい発見と懐かしさに会える。飲み会とかで友達同士でスマホにデッキ組んで発表し合って懐かしさを競うのも面白いかもしれない。案外一人で探していてもどうしても偏りがあるし、忘れてる歌手もいる気がする。特に90年代は結構幅も広いし、インディーズも活発だったりとランキング以外にも懐かしい曲があったりするし。まあ、始めは売れた枚数の多い方から攻めていくのもいいだろう。つーか宇多田ヒカルの1stアルバムって765万枚とか本当なのか。どんなベストアルバムより認知度が高いんじゃないのか、このアルバムの中の曲は。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-