FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版進撃の巨人前編を観てきた

朝刊
11 /28 2014
 漫画が大ヒットし、アニメも好評の進撃の巨人だけど、まるで知らなかったので劇場版という名の編集版があるということで観てきた。もうてっとりばやく内容知るのはいい方法と思ってみたけど、このアニメ本当に思い切ってる。
 物語は50mの壁に囲まれた街から始まる。その街は壁のおかげで100年間何もなく平和に暮らしていた。しかし、その壁の外には5m以上もあり、人を一口で食ってしまう怪物巨人がいる。この巨人は普通の人の顔をして、体はだらしない体で表情もだらしなく歪んだが笑顔をしているためにユーモラスに見えるが、人を見つけて食べるまでの行動は素早く、とても破壊的だ。特に人の顔をした巨人が人を食うシーンは残酷でありながらもどこか自然摂理の無常さを教えてくれる。人も動物を食って生きてるわけで、人を食う巨人も観客自身でありながらも、食われる人もまた観客自身なのだ。この妙な捕食者と被捕食者ともに自分であるという、今までの物語ではなかった新鮮な感覚を読者に与えたからこそヒットしてるのだろう。何より人の精鋭達も強い言葉で奮い立つものの残念ながらあっさり殺され、あっさり食われる。特に残酷なのは主人公の母が食われるシーンではないだろうか。主人公の前で生きたまま丸呑み、とはいかずに一度半分にちぎってから巨人は主人公の母を食った。このシーンが意味するのは巨人が人を殺すのは絶望を与えるためとかそういうことでなく、ただ単に食事のために人を捕まえてることをこのシーンで印象つけてる。
 しかしここまで絶望感を煽りまくる物語も珍しい。原作も読んでみたいと思える作品だった。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。