FC2ブログ

大阪都投票色んな意味で面白いな

朝刊
05 /19 2015
 大阪都にする為の市民投票面白い結果だったなぁ。まさに僅差でしかも投票率もそこそこいい。世代別の賛成反対では70代だけ反対が多かったのに反対票が多かったとか。民主主義の問題も垣間見れたし。今回の事で思うのは世代ごとの代表を決める選挙ってのもあっていいと思える。国政において、衆院が地域ごとの代表ならば参院は世代ごとの代表でいいのではないだろうか。参院の被選挙権は20歳からにして20代は20代の立候補者に投票して30代は30代の立候補者に投票してという感じで各世代ごとに代表を選ぶ。団塊世代的な偏った世代の意見だけが多いっていうのも問題なわけだから、各世代ごとに同じ数だけの代表を出すのに参院を使ったらいいんじゃないかと思う。参院は解散がないから安定して世代ごとの代表を出せる。候補者も年齢が繰り上がったら、戦う相手と投票してもらえる相手が変わる。それくらいスリリングさも楽しいだろう。
 世代によって発言力が違ってくるというのは現代民主主義の欠点であるし、面倒なのは古い世代が多すぎて新しい事への理解が足りずに排除する方に動いていく怖さである。若い世代が多い形なら逆になるだろうが、先進国はどこもかしこも少子化になる運命ではある。先進国はルールが細かいし、生活する為のコストも高くなる。食料は安くなるのに後進国時代よりも若者は生きづらく子供を育てにくい環境にならざるをえない。日本も今まで積み上げた法律を全部焼き捨て、自転車に小型エンジンを自作で積み込んで走っても逮捕されなかったり、許可も得ずに屋台を出して商売できたりする環境にまで戻せば子供も多い時代になるだろうけど、まあ無理なわけだ。官僚が徹夜して法律を書いた分だけ子供を産んで育てにくくなるんだから仕方ない。個人的にはいらない法律を消していく消法庁みたいなのが必要だと思うけどね。永六輔さんが未だにライフワークにしてる尺貫法を使ったら逮捕されるというバカな法律はまだあるみたいだし。なんで削除できないんだか。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-