FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリード観た。

朝刊
12 /26 2015
 今年いい映画が本当に多かった。まあ、どれもいい映画で見て満足だったといえる。しかし、どれも涙がこぼれることはなかった。今年は涙腺を刺激する作品は登場せず終わるのか。スターウォーズを見終わってそう思ってたけど、あのロッキーを継ぐ新章クリードが現れた。ロッキーそのものが大きな時間を内包するためにもうロッキー・バルボアはフィラデルフィアで生活してる実在の人物といっても過言ではないほど存在感がある。そんな彼もさすがにリングに立てる年ではなくなった。そこに訪ねてきたのがあのアポロの息子だという。特にロッキーとアポロの関係は特別な為にこのコンビの重さは一際違う。ロッキーもエイドリアンに先立たれ、エイドリアンの兄であり偏屈でクチの悪い親友ポーリーもクリードでは亡くなってる。ファイナルでは元気だったポーリーも亡くなってるのが地味に結構重い。
 なんにしてもロッキーシリーズ観てる人なら涙なしでは見られないほど素晴らしい作品だ。今年最後にいい映画に出会えたと本当に思う。

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。