FC2ブログ

森永製菓の歴史ってすごいな

朝刊
04 /11 2009
 森永製菓の歴史を読んだんだけど、この創業者である森永太一郎という人はものすごい。1865年生まれで、なんと1888年(明治21)に渡米。そこで挫折を味わい公園で子供が捨てたミルクキャラメルの包み紙を見て、「これを日本で売ろう」と決意したらしい。今の感覚ならすぐにお店に修行して日本に持ち込めるだろうけど、当時は日本人雇ってくれるところがなく、関係ない力仕事などに従事しながらも、やっとキャンディ工場に勤めることができた。そこでパンやケーキの作り方を知りたい一心で差別も受けながらも必死で頑張った。
 そして洋菓子の製法を身につけた太一郎は1899年(明治32)に帰国。太一郎32歳のことだった。そこで米国仕込みのマシュマロを製造する。しかし、なじみのない洋菓子を扱ってくれる店はなく、太一郎自身がガラス戸の箱車で行商した。
 ちなみに森永の羽をはばたかせ大空を翔るエンゼルの商標だが、これはマシュマロが米国で「エンゼル・フード」と呼ばれていたことに由来するらしい。
 そして1905年に支配人に10歳年下の松崎半三郎を迎える。松崎は森永のミルクキャンディの原材料を扱っている貿易会社を経営していたが、太一郎の三顧の礼を受けて、自分の会社をたたみバラック建ての森永西洋菓子製造所に入社。松崎の株式会社にするという入社条件に従い、1910年(明治43)に株式会社森永商店を設立。二年後に森永製菓に改称。
 日本の成功する企業によくある通りにこの製造の太一郎と販売の半三郎のコンビで大いに売れた。その森永製菓は今に至る。そして、この二人の縁戚関係になるのは孫の代で、太一郎の孫・恵美子と半三郎の孫・昭雄が結婚し、その長女が昭恵で安倍晋三元首相の「アッキー」こと昭恵夫人である。
 そんなわけで今でこそパティシエが外国で修業とは言うがその道をがむしゃらに切り開いた森永太一郎という人物を知ってもらいたい。明治にはこんな豪胆な連中がごろごろいる。日本は実に面白い。
参考書籍「創業家物語

hideのぬいぐるみをネット販売
 hideの人形!ゲーセンでとった人形大事にしてたなぁ。

革新的な企業の2位にGoogle、1位は?
 やっぱりappleか。iPhone買ってそれを実感した。

ニコ動が重い理由は“土地問題” 「サーバを置くスペースがない」
 まあ当然の動きだろうね。サーバが命だしね。「倍プッシュだ…」

iPhoneユーザーに大人気の音楽ゲーム「Tap Tap Revenge」はApp Store利用者の3割がインストール
 そんなに人気があると聞くと気になる!

日産、中国でEV生産検討
 日本から仕事がなくなっていく。うーん、どうにかならないもんか。

<カナサシ重工>更生法適用申請 入社式前日に内定取り消し
 入社式前に内定取り消しの企業が更正法適用。やはりこうなったか。資金繰りも厳しいしな。

タタの低価格車「ナノ」、インドで好調な滑り出し
 やはり順調な出だしか。薄利多売ならどうしても新興国の企業の方が有利だしね。とは言えインドの賃金が上がり、日本の賃金が下がった時に日本車に盛り込まれた雑巾の一滴も絞りきる努力に対抗できるかどうかが気になるところ。

気になる株価材料
サンディスク、ユーザー投稿CMを募集
王将、3月の既存店伸び率が14・2%増、過去最高
<追加経済対策>国債大量発行は両刃の剣 貸し渋り誘発も
伊フィアット米上陸狙う クライスラー提携期限迫るとはもの フィアット
ソフトバンクが特損750億円
<国交省>航空業界支援策決める 地方路線着陸料軽減など
京セラ、人工宝石「京都オパール」製品化にめど
中国の上海汽車、外国企業の買収は計画していない=報道
<貸出残高>過去最大2.4%増 金融混乱影響か 08年度
銀(シルバー):生産量と価格的価値(金銀比価)の歴史
日本版グリーン・ニューディール策定大詰め 野心と調整力 試される環境省
三菱電機が太陽光発電装置 独立型 米内陸部に重点

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

黒崎銀二

Twitter:Ginji_k
この作品はフィクションであり、実在の人物・団体・事件などとは一切関係ありません。
ええ、フィクションです。
投資法は現物買い推奨
投資による損失は自己責任でお願いします。
福澤桃介と金子直吉の評価の低さを憂う。
2007年8月31日開設
紹介・リンクフリー
kurokei-bana-